バレンタイン間近!チョコレートスイーツいろいろ

以前パンケーキやエッグベネディクトなどをご紹介の、ニューヨークからきた人気レストラン 「Sarabeth’s(サラベス)」。そして、最近よく耳にするので気になっていた卵料理「エッグスラット」。サラベス品川店のメニューに期間限定で登場しているという話を聞いて、行ってきました。その名も「エッグ イン ア ネスト」(1,400円)。トリュフオイルが香るマッシュポテトとふるふるの半熟卵との相性は抜群でした!

IMG_4788@

また、サラベス代官山店のこの時期限定メニューは、バレンタイン・スペシャルパンケーキ「チョコレート エクスプロージョン」(1,450円)。ふわっふわなパンケーキの中から、チョコレートとマシュマロがとろけだす、テンション上がるパンケーキです♪ クリーミーなトマトスープ「ベルベティー クリームトマトスープ」(850円)も、体を温めてくれておすすめ。

IMG_4806@

IMG_4804@

マクロビオティックスイーツのWEBショップ「TiDANEFA」を主宰している友人「ひらたまさこ」さんがつくるチョコレートスイーツ。およそマクロビとは思えない美味しさです。
P1040066@

IMG_4444@

IMG_4740@
自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

赤坂のドイツ文化会館内にある、ドイツパンとウィーン菓子の専門店「ノイエス」の「ザッハトルテ」(480円)。良質のチョコレートと、生クリームに甘いアプリコットのジャムがマッチして、本場さながらの味。

IMG_3930@

銀座「和光」のケーキ&チョコレートショップで販売している、人気のチョコレートケーキ「ピエールジョセフ」(単品756円 2Fティーサロンにてケーキセット1,728円)。華やかな香りのコニャックを使用した洗練された外観のケーキは、大人の街銀座のイメージ通り。

IMG_3922@

THE CITY BAKERY(ザ シティ ベーカリー)」 の、マシュマロ(50円)を1つトッピングした「ホットチョコレート ミニ」(350円)。濃厚なホットチョコに時間をかけてとろけていくマシュマロがとても合う、寒い季節にぴったりのドリンク。

IMG_4790@

催事でたまに見かける「ゼニスインターナショナル」の「チョコレートBOOK」(690円)。チョコレートシートを折り込んだデニッシュ食パン。

IMG_4440@

カナダのお土産にいただいた、「ネスレ」の「COFFEE CRISP」。コーヒー風味のクリームをウェハースでサンドしチョコでコーティングした、食べ応えのあるチョコレートバー。

20130601 054@

キットカット ショコラトリー」の「サブリムビター」(324円)。ほろ苦くてクセになるカカオの美味しさを、ダイレクトに味わえます。いつものキットカットは一度に数本食べちゃうという人でも、きっと一本で満足できるはず。

P1040035@

名古屋「ホンマラスク」の季節限定「チョコレートラスク」。スライスアーモンドがアクセントのココア生地ラスクの片側を、チョコレートでコーティング。サクサクした生地にクリーミーなチョコがじゅわっとしみ込んでいます。

P1030857@

大阪・八尾「ユウカ」のティラミスチョコと、大阪市「ピュアレ」の抹茶ティラミスチョコ。ローストしたアーモンドをホワイトチョコで包み、ココアや抹茶のパウダーをまぶしてあります。チーズ風味のホワイトチョコの味が微妙に違うけれど、それ以外はかなり似ています。どちらのメーカーのチョコが好みかは、家族内でも意見が分かれるところ。ちなみに私はどちらかといえば、ピュアレ派です。

P1040139@

P1040221@
京都の抹茶スイーツ【森半】

この上なくシンプル贅沢なケーキ♪ガトー・エシレ ナチュール

青山のフレンチレストラン「NARISAWA(ナリサワ)」。伺ったのは2年ほど前のちょうど今頃なので、まだぎりぎり7,350円のランチがありました。ほどなくして1万円超えになってしまいましたものね。

20121201 102@

「森とともに生きる」と題されたランチコースは、森からの贈り物「森のパン 2010」、里海からの贈り物、里山からの贈り物、デザートという構成。(実際には苦手な食材があったので少し変更していただいてます)

20121201 072@

炭の中身は・・、なんと玉ねぎ。甘みが凝縮された美味しさ。

20121201 073@

300℃の高温で熱した卓上の石釜で20分ほど焼いたパン。柚子入りでもっちりしていながら、さわやかな風味のパンでした。苔に見えるのはバター。黒オリーブと葉緑素を吹きかけて仕上げているそう。

20121201 075@

20121201 079@

20121201 080@

山口県萩からのアマダイは舞茸、スダチをのせて鴨のスープで。

20121201 083@

和栗と紅玉をつかったデザート。

20121201 087@

マカロンはカカオの種類だけで4種類、他にチョコレートやコーヒー、キャラメル味のものなど。

20121201 089@

20121201 096@

最後はハーブティーで締め^^

20121201 093@

供されるたびに驚きの連続で、料理の進化形を見せてもらいました。色彩のバランスも美しく、終始圧倒されっぱなし。機会があればまた訪れてみたいです。

こちらは「いつか訪れてみたい」レストラン、銀座のフレンチ「ESqUISSE(エスキス)」。朝の9:30から11:00の間パンの限定販売をしていることを知り、先日行ってきました。

IMG_4306@

購入したのはクロワッサン(300円)、カヌレ(300円)、ミニバケット(200円)、パン・ド・カンパーニュ(300円)。

P1040040@

クロワッサン、カヌレ、バケットは最初から購入を決めていたもの。パン・ド・カンパーニュは同じお値段のフォカッチャとリュスティックと迷ったのですが、一番商品価値がありそうなので購入しました。どのパンも技術の高さを感じる秀逸なものばかりでしたが、やはりお値段と質のバランスが良かったのはパン・ド・カンパーニュ。しっとり感があり、オススメです。

 

フレンチレストランでよく見かけるエシレバターですが(追加料金のところが多いですね…)、丸の内にあるエシレバターの専門店『ECHIRE MAISON DU BEURRE(エシレ・メゾン デュ ブール)』。

「エシレ グラス ブール」(540円)。コクがあるのにさらりとした口どけのアイスクリーム。
IMG_4309@

『ガトー・エシレ ナチュール』(4,320円)は、今まで体験したことのあるバタークリームケーキとは一線を画す味。半端ではない口どけの良さが特徴です。

P1040044@

色を見てお気づきかもしれませんが、エシレバターをた~っぷりの量使用した贅沢なケーキです。中はバタークリームと軽い口どけの生地とを交互に何層にも重ねたシンプルな仕上げ。形もバターそのもの。薄いカットでも十分な満足感を得られるケーキです♪

P1040051@

P1040049@
こんなリッチなケーキには、同じフランスのお酒とか合わせてみるのはいかがでしょうか?あのモエ・エ・シャンドンの会社がつくる「ドメーヌ・シャンドン ブリュット ロゼ」。ゴールドがかったピンク色の輝きをもつスパークリングワインです。

P1040033@

きりりとした味に、甘酸っぱい香り。これ一本で食卓がぱっと華やぎます。

お取り寄せスイーツ

とろ~りチーズムースが詰まった、きのとやのチーズタルト

人が多いし複雑すぎてつい迷いそうになる、巨大ターミナルの新宿駅。移動するだけで疲れます。そこで、新宿駅からちょっと抜け出して、徒歩圏内しかも1,000円台でいただけるランチを3店ご紹介します^^

新宿三丁目のスパゲティー「ノキシタ」は、種類が豊富すぎてメニューを選ぶのに迷うこと必至のお店。マスタードドレッシングのグリーンサラダ(200円)、イカとシメジのにんにく味のスパゲティー。自分好みのパスタが必ず見つかります。

IMG_4258@

IMG_4262@
同じく新宿三丁目の「IVO ホームズパスタ」。人気№1メニューの「絶望のパスタ」(1,200円)は、たっぷりのみじん切りオリーブとキノコが入ったトマトクリームのパスタ。まっ黒いオリーブの色でお先まっ暗を意味するネーミングのパスタは、想像するよりもマイルドで食べやすい味。

IMG_3942@

新宿御苑前のフレンチ「セラヴィーナガノ」のランチコース(訪問時のお値段 1,365円)。牡蠣の冷たいスープ、海老の前菜、魚のポワレ&帆立貝柱のクネルの主菜、パン、コーヒー。前菜・主菜の選択肢も多く、その内容もあっぱれ!席数が少なく人気店のため予約が必須です。

20130404 109@

20130404 111@

20130404 114@
そして、ランチの後は新宿駅に戻り、「デザートを買っておウチに帰ろう」というときにオススメのお店を3店ご紹介します。

北海道の洋菓子店「きのとや」が新宿ルミネエストに出店した、クロッカンシューの「ZAKUZAKU(ザクザク)」。メニューは潔くシュークリーム1種類のみ、クリームはその場で詰めてくれます。こちらがそのザクザクッとした歯ごたえの細長いシュークリーム(220円)。驚くのは、その中に詰められたカスタードクリームのトロトロ感。できればクリームを詰めたてのとき、皮とその食感の対比をぜひ味わってみて!

IMG_4264@

「ZAKUZAKU」よりも早く新宿に出店し、すでに人気が定着している「BAKE(ベイク)」。同じく『きのとや』が手がけるお店ですが、こちらは『焼きたてチーズタルト』(216円)の専門店。サクサクと歯ざわりのよいタルト生地の中に詰まっているのは、とろ~りとろける食感のチーズムース。3種のチーズをブレンドした奥行きのある味わいが病みつきになるタルトです。

P1030976@
焼きたてチーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」新宿店の「焼きたてチーズタルト」(800円)。チーズクリームの焼き加減が違うレアとミディアムの2種類があり、初めてということで、より珍しいと思われるレアを購入。ババロアのようにやわらかい新食感のタルトです。

IMG_4363@

 

蛇足ですが、こちらは六本木「グランドハイアット東京」の秋の味覚「かぼちゃ」使用のタルトです。「フィオレンティーナ ペストリーブティック」の「パンプキンタルト」(580円)。

IMG_4360@

秋色のしっとりした味わい、今の季節のみいただけるタルトです♪

お取り寄せスイーツ

バランタイン とりいさん家の芋ケーキ

先日、湯島の割烹「くろぎ」姉妹店、東大本郷キャンパスの中にある「廚 菓子 くろぎ」におじゃましました。

IMG_4301@

前々日までに要予約のお弁当(4,000円)は、焼き胡麻豆腐、丹波栗、出汁巻卵、銀杏、枝豆、焼き魚、フライ、煮込み、お浸し、しば漬けなどを盛り込んだ、秋を感じられる品数豊富なお弁当。

IMG_4290@

こちらに国産松茸が付いて本店でいただいたら、30,000円くらいのお料理代になるとか。それを考えると、とてもお得感があるお弁当です。結構な量なので食べきれなければ、お持ち帰りもできます。

IMG_4292@

くろぎの蕨餅と恵比寿の「猿田彦珈琲」のコーヒーがセットになった「蕨餅セット」(2,050円)。箸休めのすぐき漬けと小さな落雁も付いてます。

IMG_4295@

蓋を開けると、「わ~♪」っと感嘆の声があがること間違いなしの蕨餅です。きな粉はたっぷりの量で2種類あって飽きません。抹茶入りのうぐいす粉は色鮮やかで、ちょっぴりほろ苦い味。お好みで、黒蜜も用意されてます。コーヒーはラテやカプチーノなどアレンジメニューもお値段は一緒。ならば…と、ホットのカフェモカに^^コーヒーは濃口と淡口がありますが、ストレート以外のメニューはすべて淡口でつくられるそうです。

IMG_4297@

 

それでは、前回に引き続きまして、芋・栗・かぼちゃの秋なので、今回はお芋のスイーツをご紹介します♪

スイートポテトが大人気の川崎・新百合ヶ丘「田園ぽてと」。2Fのビストロでランチや、1Fのカフェでティータイムを楽しんだりできます。

20121201 019@

IMG_3309@

IMG_3311@

IMG_3313@

手前が「レアチーズ田園ぽてと」、奥に見えるのが秋らしい「モンブラン田園ぽてと」です。クリームチーズの酸味とコクとなめらかさをスイートポテトと同時に味わえるレアチーズ入りの田園ぽてと。あまり甘いものが得意でないという方にもおすすめできます。

20121201 013@

 

こちらは、最近人気急上昇中のスイートポテト「高尾ポテト」。台になっているさつま芋の皮が香ばしい♪

20111225 124@

 

兵庫『バランタイン』の『とりいさん家の芋ケーキ』(Sサイズ 820円)。

P1040008@

シャルロットケーキ仕立てのこちらのケーキの美味しさのポイントは、表面の香ばしいカラメル。さつま芋と合わせれば、どことなく焼き芋の風味♪中のムースもさつま芋の自然の甘さをいかしたクリーミーな仕上がり。

全体的には派手さのない、素朴な印象のケーキです。でも、なぜかまた無性にリピートしたくなる、そんな不思議な魅力をもったケーキでもあります。

お取り寄せスイーツ

シェルブール 神戸マロン

10月に入り、ハロウィン関連のグッズやお菓子などをいろんな所で目にするようになりました。こちらはハロウィンのプレゼントにうってつけの、USJのハリー・ポッターエリアで売られている「かぼちゃジュース」。シナモンが効いた、甘くてちょっとおもしろい味のジュースです。ボトルはしっかりと精巧な造り。少し前にお土産にいただいたので、中身は空になっちゃいましたがまだ飾ってあります^^

P1030997@

 

さて、芋・栗・かぼちゃの秋なので、栗スイーツをご紹介します♪

新宿タカシマヤ内の「サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ」。ミルクティーにすると美味しい紅茶「アールグレイ」(800円)にあわせて注文したのは、「絞りたてモンブラン」(1,000円)。注文を受けてから仕上げるモンブランは、メレンゲがサクサクしてまさに出来たての味。中には上質の生クリームがたっぷり。一揃いのエレガントな食器に囲まれた優雅なティータイムは、立ち居振る舞いまでがエレガント(?)に。

IMG_3946@

小田急線世田谷代田駅近くの「白髭のシュークリーム工房」。以前パンをご紹介した一軒家カフェ&ベーカリー「TOLO COFFE&BAKERY(トロ コーヒー&ベーカリー)」に併設されました。

IMG_4285@

IMG_4286@

2Fのテラス席は、狭いながらも緑豊かでとても気持ちの良い空間。10月から始まったばかりの「マロンクリームのシュークリーム」(440円)と「コーヒー」(390円)。シュークリームは、和栗ペーストと刻み栗を生クリームと混ぜたマロンクリーム入り。ありそうで、「今までに食べたことないかも…」と思ったシュークリームです。シュー皮はとてもしっかりとした焼き上がりで、形が崩れてしまいそうな不安はありません。お子さんのいるご家庭への手土産に最高!

IMG_4283@

 

神戸『シェルブール』のマロンパイ『神戸マロン』。大粒の栗を栗風味の白餡とパイ生地で包んだ焼き菓子です。

P1030971@

レンジでちょっと温めてからオーブントースターで少し焼き直せば、焼きたての美味しさを再現できます。パイはサクサク、大粒の栗はホクホクで、想像以上の美味しさにびっくり。バターと栗の相性って抜群ですね。赤ワイン風味の餡が入ったワイン味のマロンパイも、美しい色合いでおすすめです。

お取り寄せスイーツ