四日市の御菓子処富貴堂の、まっしろな「生クリーム大福」

 

三重県四日市市にあるお菓子屋さん『富貴堂』。元々は、おまんじゅうなどの和菓子が主力商品の和菓子屋さんだったそう。時代とともに徐々に洋菓子の要素を取り入れ、こちらの『生クリーム大福』のような、和と洋がマッチングしたお菓子が誕生したらしいです。

 

四日市の富貴堂の生クリーム大福

「四日市の御菓子処富貴堂の、まっしろな「生クリーム大福」」の続きを読む…

小江戸川越にある甘味処あかりやの特製あんみつ

 

川越にある地元で有名なデパートの丸広百貨店。うちの母は、お中元やお歳暮は「丸広から送れば間違いない!」と言いきるほど、信頼しています。丸広前を通る道は多くの商店が並ぶにぎやかな商店街で、人通りが絶えません。甘味処の「あかりや」も、その商店街に面しています。

丸広には、私もたまに母や娘と一緒に買い物に行ったりします。先日は娘の提案で、あかりやのお持ち帰り用あんみつを買って帰ることにしました。

こちらが、お持ち帰り用の「あかりや特製あんみつ」。

 

川越あかりやのあんみつ

「小江戸川越にある甘味処あかりやの特製あんみつ」の続きを読む…

茨城・笠間の栗屋「小田喜商店」の「ぎゅ」

 

大の栗好きの私。数年前には、インスタ映えする栗のモンブランを求めて(私はインスタはやっていませんが…)、栗の名産地「小布施」まで行きました。でも、灯台下暗しということわざがありますが、もっと近くに栗の名産地があるのを忘れていました。それが、茨城県の「笠間」。

以前、谷中銀座商店街にある「和栗や」東京店を訪れたとき、「笠間の栗っておいしい!」と心に刻んだはずなのに。しかも笠間の中でも、特に岩間という地区でとれる栗が秀逸らしいということも…。

そこで、行ってきましたよ。その名も『岩間の栗や 小田喜商店』。

 

IMG_8971

「茨城・笠間の栗屋「小田喜商店」の「ぎゅ」」の続きを読む…

黒磯駅前「明治屋」の温泉まんじゅう

 

先日那須高原まで遊びに行ったときのこと、那須へ向かう途中でふと思い出した、「黒磯駅近くに何やら絶品の温泉まんじゅうがある」という話…。「ちょっと黒磯駅見てみよう」ということで、立ち寄ってみました。

東北本線の黒磯駅は、かつて那須高原への玄関口としてとても賑わいがあったそう。現在は、駅前のロータリーが整備工事の途中。完成後はきれいになりそうで、なんだか楽しみ。

 

東京のおしゃれエリアにありそうなパン屋さん「KANEL BREAD」、お隣のカフェ「Iris BREAD&COFFEE」を通り過ぎると、あっ発見。重厚な壁が、いかにも老舗らしい店構え。立ちのぼる温泉まんじゅうを蒸す煙に誘われて、誰もがふらりと訪れてしまいそう。

和菓子屋さんの『明治屋』。

 

黒磯駅前の明治屋

「黒磯駅前「明治屋」の温泉まんじゅう」の続きを読む…

和と洋がコラボした生風味のお菓子

京都「マールブランシュ」の「生茶の菓」は、抹茶たっぷりのお濃茶を混ぜて焼き上げたフォンダンショコラ。ホワイトチョコレートが入って、コクをプラスしています。

IMG_5391@
京都の抹茶スイーツ【森半】

東京江戸川区「忠三櫻本舗」の看板商品「忠三銅鑼焼」。生クリーム入りの生どら焼きが、驚くほどふんわりした口どけ。

P1040131@

 

北海道「スイートオーケストラ わらく堂」の「おもっちーず」。お餅のようにもっちりして伸びがよい、不思議なチーズケーキです。誰かをちょっとビックリさせたい時におすすめ。

P1030563@

 

兵庫「丹波篠山いのうえ黒豆農園」の人気商品「丹波黒豆ケーキ」。大粒の黒豆をのせた、しっとり食感のパウンドケーキです。

P1060338@

 

福井「金花堂はや川」の「羽二重くるみ」は、羽二重餅にくるみを練り入れシュー生地でサンドしたお菓子。

P1060371@

お餅の中のくるみのカリッとした食感が、心地いいアクセント。

P1060375@

もちもちしたやわらかいお餅と香りよいくるみ、バター感たっぷりのシュー生地のコラボレーションが最高です!

お取り寄せスイーツ