シニフィアン・シニフィエ クロマメ

毎年待ち遠しい桜の季節を迎えて、外に出るとようやく春を実感できるようになりました♪

それにしても一年て早い、早すぎる…とつくづく思います。そういう焦りと消費税率アップ前に何か買っとかなきゃ、という焦りが入り混じる今日この頃です。

さて、健康にも美容にも良いとされる豆類。できるだけ積極的にとるよう心がけています。なので、ちょっと見慣れない豆があると買ってみたり^^

20130404 216@

P1030746@

20130404 219@

 

目黒区八雲の和菓子屋さん「つ久し」の「黒豆大福」(170円)。

IMG_3368@

大粒の黒豆をところどころに散りばめたむちっとして弾力抜群のお餅で、つぶあんを包んであります。

ほんのり甘くふっくらと炊かれた黒豆が、圧倒的な存在感。豆大福に使われる赤えんどう豆よりも皮が薄くやわらかい歯ごたえで、甘みもあるためさらにやさしい印象です。

 

世田谷区下馬のパン屋さん『シニフィアン・シニフィエ』の「バゲット」(ハーフ 240円)と『クロマメ』(ハーフ 900円)。

20130601 123@

以前赤ワインで仕込んだ「パン・オ・ヴァン」の美味しさに衝撃を受けたパン屋さん。どのパンをとってもハイレベルです。

ワインによく合うハード系のパンが揃うなかでクロマメはスイーツに近く、ほかとは一線を画するパン。生地にかぼちゃや栗の粉、はちみつなどを配合しているから、奥深い甘みを感じるのですね。生地のしっとりさは群を抜いています。

甘くやわらかく炊かれた小粒の黒豆が、生地の量と変わらないくらいびっしりと詰まっていて驚きますよ。パンの形をした和風スイーツと考えて、黒みつをかけたり、きな粉や抹茶をふりかけたりして楽しみます♪

セントル ザ ベーカリー フルーツサンドイッチ

フルーツ×アイスクリームやフルーツ×生クリームの組合わせって、本当に美味しくて…想像するだけでシアワセになれますよね☆

でも家では、そんなにたくさんの種類のフルーツってなかなか用意できないし、カッティングもうまくできません。。。なので、ついフルーツパーラーとかに足が向いてしまうのですよ^^すると、たいていお店は女性のお客さんでいっぱい。

こちらは池袋西武のちょっと奥まった場所にある穴場カフェ「ベリーパーラー」の、看板メニューともいえる「マンゴーローズブーケのパフェ」(マンゴーソース付き 1,800円)。「食べるのがもったいな~い!」と誰もが思ってしまう、麗しいパフェ。家では絶対真似できません。糖度の高いマンゴーとキャラメルアイスクリームとの相性が◎。

IMG_3278@

門前仲町「フルーツカフェ フルータス」の「ミニフルーツパフェ」(840円)。目の前で調理してくれる安心感がある、アットホームなお店。カットしたてのフルーツがとっても瑞々しい♪

20130819 270@

四谷三丁目「フルーツパーラー フクナガ」の「フルーツパフェ」(700円)と「フルーツサンドイッチ1/2+コーヒーor紅茶」(600円)。青果店が営む、老舗らしいレトロ感と風格が漂うパーラー。パフェお目当ての女性客でいつも盛況。

IMG_3027@

 

そしてフルーツサンドに新しい風!…と思ってしまったのがこちら。銀座一丁目『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ ベーカリー)』でいただける『フルーツサンドイッチ』(パンの耳付き 1,575円)。

IMG_3286@

以前ご紹介した人気の国産小麦の角食パンを使用したサンドイッチ。こちらのパンはトーストしないでそのまま食べるのがおすすめと言われています。

たっぷりの季節のフレッシュフルーツと、生クリーム、マスカルポーネ、カスタードクリームをサンド。もう聞いただけで、絶対美味しくないわけがないと思える組み合わせ!フルーツはいちご、キウイ、マンゴー、バナナなど。

個人的にはトーストしたほうが断然美味しいと思っていたけれど、しっとりした食感がサンドイッチにぴったりで、トーストしてもしなくても美味しいものは美味しいと分かった食パンでした^^

テイクアウトもできるので、暖かくなったらこれを持って日比谷公園でランチするのもよさそう♪電話(03-3567-3106)で予約ができます(11:00~16:30 引き取りは17:00まで)。