ここのところなにかと話題のグルメいろいろ☆

午前中に行かないと売り切れちゃうくらい人気!「スターバックス」のプリンは、カラメルソース入りの「ミルクカスタードプリン」とチョコレートソース入りの「チョコレートプリン」の2種類。

img_7156

カップはチョコの方が魅力だけど、味はカスタードの方がインパクトあります。

今月末までの期間限定営業、AI(人工知能)でレシピを開発したクレープ店「エスプリ・ド・エスプリ」。人気メニューの「ショコラバナーヌ」(980円)。

img_6839

もっちりしてやわらかいクレープ生地にバニラ感満載のクリーム、たっぷりのフルーツとアイスクリームは究極の組み合わせ。

LA発で日本初上陸、ルミネ新宿にオープンしたパイのお店「パイホール」。まずはこちらのメニューから試したい「マムズアップルクランブル」(450円)。

img_7135

りんごのほどよい甘さと酸味、クランブルのカリッとした食感とバター感が印象的なパイ。

同じくLA発日本初上陸、代官山のカフェ「ブルージャムカフェ」。揚げトルティーヤの「ランチュロス」(1,270円)とリゾットの「ブランチカルボナーラ」(1,350円)。コーンフレークをまぶして焼いてある「クランチーフレンチトースト」(ハーフ 1,270円)。

img_6896

img_6903

ベジタリアン対応やグルテンフリーのメニューがたくさんあって、味もちゃんと美味しい♪全メニュー制覇するまで通いたくなるレストランです!

2号店もオープンして話題の代々木上原のサンドイッチ屋さん「ポタスタ」。人気の「スクランブルエッグ&ベジタブル」と「ビーンズキナコ」、2つセットで850円のお得感♪

p1050333

このサンドイッチを目の前に「こういうサンドイッチ、待ってたんだよね~」と心の声が聞こえてきました。

そして、真似して自分でもつくってみました^^具をたっぷり入れたつもりでも、写真を比べてみるとやっぱり足りない…。

p1050425

小田急線喜多見駅からすぐのカレー屋さん「ビートイート」。店主自らがハントしためずらしい鹿肉のカレーをいただけるお店です。

img_6837

セット(1,000円)に鹿肉のキーマを追加(+400円)。スパイスたっぷりに仕上げた鹿肉は噛みごたえがあって思っていたよりずっと食べやすい味。

鎌倉が本店のカレー店「オクシモロン」。辛口の「エスニックそぼろカリー」と、温泉卵がのった辛くない「和風キーマカリー」。デザートに昔ながらの「カスタードプリン」。

img_6856

img_6861

カリッとしてパラッパラの肉そぼろに、香味野菜とナッツがエスニック感を増幅させるやみつきになるカレー!シンプルなプリンは安定の美味しさ。

銀座四丁目の新ビル「銀座プレイス」の中にオープンした「ビストロマルクス」。看板商品のブリオッシュが付いたランチ「ムニュデジュネ」(3,800円)。

img_7003

img_7006

img_7007img_7011

銀座駅から直結、眺めもよい抜群の立地。混雑が落ち着いたころもう一度訪問してみたいレストランです。

この時期しか食べられない!「やながわ」の「和栗のモンブラン」。

p1050715

箱に赤い水引がかけられた、和の装いのモンブラン。ふたを開けると、中央には丹波栗の渋皮煮。さながら日の丸弁当か肉そぼろご飯みたいな、圧倒的な見た目のインパクト。

底には軽い食感のスポンジケーキ、その上にたっぷりのカスタードクリーム、生クリーム、最後にそぼろ状の丹波栗のペースト。付属の竹べらで取り分けたモンブランは、ひと口ごとに栗、生クリーム、カスタード、スポンジのマリアージュを楽しめます。

とにかく夏はカレーが美味しい季節です♪

梅雨の晴れ間、あじさいの見頃を過ぎた鎌倉へ。

開店前に着いたのにすでに行列、平日だというのに…。恐るべし、茶房「雲母(きらら)」。1時間半ほど並んで、ようやく店内へ。でもでも、待った甲斐ありました!「宇治白玉あんみつ」(750円)のぷるぷるでモチモチの抹茶白玉。シアワセ~♪

IMG_6553@
京都の抹茶スイーツ【森半】

その後徒歩で「古我邸」まで。建物裏手にあるテラス席にて、アイスコーヒー&アイスティー(ともに300円)。ロケーションが素晴らしい。いつか建物内のレストランにも行ってみたいわ…。

IMG_6559@IMG_6561@

海沿いの方はお休みだったので、本店へ伺った「珊瑚礁」。「シーフードサラダ」(1,550円)、「ガーリックポテト」(630円)、「ドライカレー」(1,100円)。ドライカレーはルーを別添えにしてもらい、食後には「ソフトクリーム」(小 200円)を。こちらの2つは本店限定メニューです。

IMG_6583@IMG_6570@IMG_6572@IMG_6576@

ドライカレーはコクがあって、カレー味のライスと相性抜群!海は見えなくても、開放感ある店内と美味しいカレーに大満足^^

 

先日インド料理のレッスンを受けました。レーズンライス、海老カレー、サモサ、サラダ、シュリカンドというヨーグルトのデザート。皮から手づくりした揚げたてのサモサが絶品で、家へ帰って挑戦してみようという気持ちがムクムク。

IMG_6721@IMG_6725@

 

宮城のにしき食品が展開する「にしきや」のレトルトカレー。ベースがいくつかありますが、トマトベースが一押しです。

P1050410@

学食で人気の山食のカレーがレトルト食品として販売されていました。「山食カレー」(3箱セット 1,200円)は、昔ながらの味で量もたっぷり。

P1040792@

駒澤大学駅そばのタイカレーのお店「ピキヌー」。「カントリーカリー」(800円)は、お野菜たっぷりでココナッツミルクの入らないカレーです。スパイシーですっきりした後口が夏にぴったり。

IMG_6603@

カレー激戦区神保町にある「共栄堂」の「ポークカレー」(950円)。小麦粉を使わないで仕上げたスマトラカレーのお店です。香ばしいスパイスが肉の美味しさを引き立てた、ヘルシーなカレーです。

IMG_6322@

銀座のカフェ「SO CAFE」の「黄色いカレー」(1,000円)。肉の脂身までとりのぞいた、徹底的に油の入らないカレーです。サラダのドレッシングももちろんノンオイル。昆布水もついて、食べ終わった後は、なんだか体にいいことした気分。

IMG_5930@
自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

新宿「チャオカリー」の「ベーコンエッグ野菜curry」(1,000円)。カレーの材料には普段あまり使わないと思われる、ベーコン・卵・キャベツのカレーです。これが白いご飯によく合うのでびっくり。

IMG_5154@

渋谷「チリチリ」は営業時間の少なさで、なかなかハードルの高いカレー屋さん。写真は「ポークマサラカレー」(950円)(スモールライス 50円引き)。ルーにはなんと玉ねぎが丸ごと1個分入っています!サラッとしていて、胃にやさしくしみこんでいくカレーです。

IMG_5923@IMG_5924@

一見オシャレな雑貨屋さんみたいな外観の、吉祥寺「サジロカフェ」。「Aセット」(1,000円)は、カレー、ナン(またはライス)、サラダ、ドリンク付き。店内も落ち着いたいい雰囲気で、長居してみたくなるお店です。

IMG_4426@IMG_4421@

代々木上原のフレンチレストラン「ラ・ファソン古賀」。こちらで食べるべき一品は、肉と野菜の旨味を凝縮した「ソース・キュリー」。

IMG_3342@IMG_3338@

カレー風味のポタージュスープのような口あたりで、やさしい味わい。トッピングは、お肉か野菜のどちらかを選べます。お取り寄せも可能なので、ぜひ!

角濱ごまとうふ総本舗のぷるっぷるのごま豆腐

先日娘が神戸に住むお友達に会いに行くというので、お願いしちゃいました。老祥記の「豚まん」(90円)とエストローヤルの「シューアラクレーム」(180円)!

P1050281@

P1050274@

買ったときは熱々で湯気が立っていたという豚まんに、トッピングのあられ糖が溶けてしまったシュークリーム。。買いたてを想像しつつ、豚まんは丁寧に蒸しなおしシュークリームはきっちり冷やしなおして、いただきました~。

さらに、ずっしりと重いトミーズの人気商品「あん食」(650円)も。

P1050216@

トーストすると粒あんの甘さが引き立ち生地の食感も軽くなって、より美味しくなりました。一生懸命持って帰ってきてくれた娘に感謝です^^

 

 

今年のサミット開催で注目の三重県志摩市「志摩観光ホテル」。ホテルのフレンチレストランで提供されている鮑ステーキと並ぶ看板メニュー「伊勢海老のクリームスープ」は、お取り寄せが可能です。

P1030668@

缶を開けると同時にふわりと漂ってくるのは、濃厚な海の香り。生クリームを一さじ落として焦げ目をつければ、それはもうレストランのスープそのもの(たぶん…)。たちまち優雅な食卓に早がわり♪伊勢海老のうま味を堪能できるクリーミーなスープです。

 

伊勢神宮のある伊勢市の昆布専門店「酒徳昆布」の「純白とろろ」。

P1040104@

繊細な口あたりで上品な色合いのとろろ昆布。コットンの肌ざわりのようにふわふわです。

 

そしてこちらは、お隣和歌山県の菓子店「鈴屋」の一番人気商品「デラックスケーキ」(221円)。P1030797@

カステラ生地でジャムをサンドして、ホワイトチョコでコーティング。外側のきっちり感と中のやわらかさとのギャップがたまりません。包装紙もレトロでキュート♪

 

梅やみかんなどの産地として知られる自然豊かな和歌山県。世界遺産の高野山も有名ですね。その高野山で古くから「ごまとうふ」をつくり続けている『角濱ごまとうふ総本舗』。

20130404 230@

吉野葛のぷるっとした食感が心地よい、清涼感があるオフホワイト色をしたごま豆腐。清らかな見た目は、じめっとした梅雨の時期にさわやかさを届けてくれますね。

お箸をいれると、あと少しでとろけてしまいそうなギリギリの軟らかさにびっくり!混じり気のない濃厚な白ごまの風味をぎゅっと閉じ込めた、なめらかでクリーミーな味わいです♪

 

こちらは黒ごまを使用したごま豆腐です。長崎にある「法本胡麻豆腐店」の「隠元麻腐(いんげんまふ)」。

P1040609@

葛粉ではなく本わらび粉を100%使用している上に甘さもある、ちょっとめずらしいごま豆腐です。弾力があり食べごたえ十分。デザート感覚でいただけます。

ピザ*pizza*ピッツァ

●新宿NEWoMan「800° Degrees Neapolitan Pizzeria

選べるベースは5種類ある中からマルゲリータ(980円)を。40種類ものトッピングからはミートボール(300円)をチョイスしたピザ。高温の薪窯でスピーディーに焼きあげられた、フレッシュ感あふれるジューシーなピザです。

IMG_6106@

 

●カスケード原宿「Spontini(スポンティーニ)」

ピザは「マルゲリータ」と「マリナーラ」の2種類。写真はマルゲリータです。ふんわりした分厚い生地に伸びのよいチーズがたっぷり♪カリカリに焼けた底面が揚げパンのようで、食感のアクセントになっています。

IMG_5527@

 

●原宿「PINSA DE ROMA(ピンサデローマ)」

見た目はピザですが、ピザよりも圧倒的に軽い食感のピンサ。米粉や大豆粉をブレンドしたヘルシーな素材でつくられています。水牛のモッツァレラチーズ(ブッファラ)、プチトマト、バジルをトッピングした「ブッファラ」(1,200円)は、いわゆるマルゲリータ。空気感たっぷりのやわらかい生地で、お腹いっぱい食べても罪悪感ないのがうれしい♪

IMG_6096@

 

●麻布十番「Pizzeria Romana Gianicolo

季節のピッツァの「筍のピッツァ」。耳まで薄~くのばされ丁寧にトッピングをほどこした生地は、焼き具合が絶妙。最後に耳の部分だけ食べきれなくて残っちゃった…なんていうことはありません。

IMG_3444@

 

●根津「BISTOIRE(ビストア)」

このお店だけのオリジナル、ジェラートみたいな形の「ピザマッシュポテト」(シングルマッシュ 700円)。 バジルやパプリカなどの素材を混ぜ込んだマッシュポテトを、コーンのように巻いたマルゲリータピザに載せています。写真はアボカドフレーバーのグリーン色のマッシュポテトのトッピング。谷根千散策のお供によさそう。

IMG_6201@

 

●有楽町「珈琲館 紅鹿舎」

ピザトースト発祥のお店の「元祖ピザトースト」(テイクアウト 850円)。厚切りのイギリスパンとたっぷり載せられたゴーダチーズが特徴。濃厚でクリーミーな味わいで、一度食べると病みつきに。

IMG_5959@

 

●高田馬場「AVANÇONS(アヴァンソン)」

系列のイタリアンで提供している人気のフォカッチャをテイクアウト。ピザの原形といわれるフォカッチャですが、こちらはじゃが芋を練りこんであるタイプ。電子レンジで温めてオーブントースターで焼きなおせば、モチモチの食感がよみがえります。

IMG_5355@

 

●祖師ヶ谷大蔵「アオジソシガヤ

20130819 111@

祖師ヶ谷大蔵の商店街にある薪窯で焼き上げたピザが人気のお店。「ランチピッツァ」のカプリチョーザ。静岡の地ビール「ベアードビール」も飲めちゃいます♪

20130819 099@

20130819 104@

20130819 106@

20130819 110@

 

●代々木上原「funicula(フニクラ)」

IMG_3421@

雨でも駅からほぼ濡れずに行ける好立地。夜のみ営業のイタリアンバールです。テッパンメニューの冷前菜の盛り合わせ、天然酵母の自家製フォカッチャや生ハムとルッコラのピザもおすすめ。デザートまでもが本格派の女子ウケのよいお店です。

IMG_3409@

IMG_3414@

IMG_3417@

IMG_3420@

お茶とのりの最強コンビ!大佐和老舗ののり茶漬け

わが家のキッチンの引き出しに収納しているカトラリー類、勢いよく閉めた扉にはさまって木製のお箸の先が折れてしまうことしばしば。。そんなとき雑誌で、「クリストフル」で根強い人気というお箸を発見。これなら折れずにずっと使えるのでは!?

P1040788@

…と思い買ってきました。毎日使うものなのでシルバーの変色も少なく、気に入ってます^^

 

こちらは築地にある日本茶のお店「うおがし銘茶」の銀座店、モダンな店構えの「茶・銀座」。人の多い銀座でちょっとひと休みするのにぴったりの落ち着いた空間です。

IMG_5127@

2階の煎茶席でいただける「本日のお茶」(600円)。小さな和菓子が付いてます。

IMG_5121@

IMG_5123@

 

そしてこちらは海苔問屋「田庄」の「焼き海苔」。販売方法が限られているため手に入れるのが大変な海苔として有名です。高級寿司店も御用達という上質な海苔。黒々して色つやがよく、磯の香りが豊かです。

P1030909@

徳島「大野海苔」の「卓上のり」は、卓上容器入りの味付のり。パリパリした小気味よい食感と甘辛くご飯がすすむ味付けで、朝食にぴったり。

P1030727@

 

さて、美味しい お茶とのりの両方を同時に楽しむ最適な食べ方といえば…?そうです!お茶漬けのり。

代々つづくのれんを受けつぐお店が数多く存在する湯島界隈ですが、「大佐和老舗」もそのひとつ。おすすめは、ご自慢ののりをこれでもかとたっぷり投入した「のり茶漬け」(5食入 400円)。P1030899@

この小さな袋の中に、びっくりするほどの量の上質な刻み海苔。そこに抹茶、あられ、三つ葉が風味豊かな香りをプラスしています。

海苔とお茶を知り尽くした老舗ならではの絶妙な量の配合具合です♪