人気のエリア 谷根千:グルメ

夕やけだんだんと呼ばれる階段をおりた先には、先日ご紹介した「和栗や」も軒をならべる谷中銀座商店街。ジューシーなメンチカツ(200円)が有名なお肉屋さんがあったり、フロランタン専門店があったり。近くには冬でも行列のかき氷専門店があったりと、楽しい商店街です。

20130601 036@

そしてこの商店街を含む「谷根千」エリア、「美味しい」が詰まっています♪

カヤバ珈琲」の「たまごサンド」(400円)。 厚焼たまごのゆるゆるさと塩加減が、パンのやわらかさと甘さを引き立てて、ひと口頬張ればきっと誰もが笑顔になりそう。ほんのり香るバターの風味とからしマヨネーズが、味のアクセントになっています。

20130601 013@

20130601 012@

レトロな店構えの「愛玉子」。一番シンプルなレモンシロップのみでいただく、店名と同じメニューの「オーギョーチィ」(400円)。弾力がありぷるぷるっとした舌ざわりが、病みつきになる一品です。

20130601 008@

20130601 005@

古民家カフェ「English Teahouse Pekoe( イングリッシュティーハウス ペコ)」。周囲にうまく溶け込んでいて、注意していないとうっかり見過ごしてしまいそうな佇まい。この日はお目当てのスコーンは売り切れで、「ロイヤルミルクティー」(650円)と「手づくりショートブレッド」(3ピース 300円)を。知り合いのお宅でお茶をいただいているようなくつろぎ感♪

20130601 020@

20130601 038@

千駄木うどん「汐満」の「シンプルカレー」(770円)。麺とスープをじっくり味わえる、具なしのカレーうどんです。スパイスが効いたクリーミーなスープが絶品。

IMG_3486@

「へび道」と呼ばれる曲がりくねった路地にあるベーグル専門店「旅ベーグル」。買ったときは出来立てほやほやだった、 「あんこ・黒ごま」(220円)と「ドライトマト・バジル・ガーリック」(220円)。飛ぶように売れていました。味の組み合わせがとても上手な、もっちりした食感を楽しめるベーグル。

20130601 026@

20130601 053@

動物パンが人気の「Bonjour mojo2(ボンジュール モジョモジョ)」。ぞうの「ベーコンポテトパン」(200円)、うさぎの「クリームパン」(180円)、「もちもち枝豆」(150円)、「黒糖レーズン」(150円)を購入しました。小さな子がいたら絶対喜ぶ、味も本格派のパンでした。

20130601 022@

20130601 043@

こだわりの原材料を用いて天然酵母でパンを焼いているパン屋さん「パリットフワット」。一番人気の「よもぎパン」(183円)、コンデンスミルクの甘さの「ミルクパン」(183円)、食感が楽しい「クランベリーくるみライ麦40%」(178円)。よもぎのほかにほうれん草、玉葱、人参、かぼちゃなど野菜を使ったパンが豊富にそろいます。よもぎは見た目の色もインパクト大ですが、食べてもかなりの衝撃度。ここまでよもぎの味がするパンがあったなんて…あっぱれです^^

IMG_3482@

P1030807@

※価格は購入時の価格です(消費税率改定前と改定後のものがあります)

一休のレストラン人気ランキング

東京 和・喫茶&和・菓子

紫野和久傳」丸の内店の季節のお菓子「櫻の葛焼き」(1,000円)。

P1030837@

3月中旬から4月中旬までの期間限定の品。レンジで数十秒温めるともっちりした食感がよみがえります。桜の香りがふわりと香って、風流でいかにも京都らしいお菓子です。秋になると栗、その後柚子や黒豆の葛焼きも販売されるそう。茶菓席を併設しています。

松崎煎餅」銀座本店2Fのお茶席でいただける「黒みつきなこパフェ」(1,300円)。

IMG_3352@

バニラアイス、寒天、生クリームが重ねられ、その間にはきなこ、つぶ餡、赤えんどう豆。仕上げに白玉とハート型のホットケーキ、米粉の瓦煎餅をトッピングした和パフェ。白玉クリームあんみつをシンプルにアレンジした感じです。お願いして、黒みつは別添えにしていただきました。寒天の形が変わっていて、短冊切りのようになっています。

「香風」祖師谷店の「豆大福」(210円)。

20130819 126@

つぶ餡を豆入りのお餅でくるりと巻いた、ちょっとめずらしい形の豆大福。形が変わるだけで、いつもの豆大福とはひと味もふた味もちがうものに思えるから不思議。2Fには喫茶があり、あんみつなどの甘味をいただけます。

湯島「つる瀬」の「豆大福」(152円)と「まめ餅」(134円)。

P1030880@

粘りや弾力にすぐれた宮城県産のもち米「みやこがね」を使ったお餅は、翌日になると固くなるので買ったその日のうちにいただくのがベスト。まめ餅には赤えんどう豆がびっしり。豆好きにはたまらない美味しさです。本店には喫茶が併設されています。

門前仲町の甘味処「いり江」の「白玉クリーム豆かん」(840円)。

20130819 273@

白玉、バニラアイス、赤えんどう豆、こし餡…どれひとつ欠けてもこの絶妙なコンビネーションは成り立たないわと、納得した一品!

赤坂「松月」の「まめ福」(180円)。

20120503 078@

やわらかくて伸びのよいお餅に歯ごたえのあるえんどう豆。適度なサイズ感と、いい感じの甘さが◎の豆大福です。

2Fの喫茶でいただいた「冷製ゆであずき」(790円)。

20120503 068@

もともとさらりとした食感のあずきに抹茶蜜のかき氷をプラスすると、清涼感が増してよりいっそうのど越しが良くなります。抹茶の苦みがアクセントになって、暑くなるこれからの季節、恋しくなってしまいそうな予感♪

谷中銀座商店街「和栗や」東京店。

IMG_3472@

店内限定メニューの「栗薫モンブラン」(700円)と奥にちらりと見えるのが「栗薫パフェ」(800円)。

IMG_3467@

絞りたての和栗ペーストのしなやかな口触りがなんとも上品なモンブラン。シンプルな分、よけいに栗の風味が際立ちます。でもパフェもすごく美味しそうで、そそられました^^

※価格は購入時の価格です(消費税率改定前と改定後のものがあります)

お取り寄せスイーツ

広尾グルメ プーリア料理 アンティキ・サポーリ

先日ご紹介した表参道「シカダ」が、広尾から表参道へ移転する前の店舗跡にオープンした『Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)』。めずらしい南イタリアプーリア州のお料理をいただける、とっても素敵なレストランです♪

2,700円のランチコースですが、すごいボリューム!次から次へとだされるお料理に驚きの連続です。

■味わい深い「焦がし小麦のフォカッチャ」、カリカリ感が心地よい「タラーリ」…

IMG_3536@

■ドライトマトのオリーブオイル漬けをつかった前菜…

IMG_3539@

■スモークしたモツァレラチーズをつかった「茄子のスフォルマート」

IMG_3541@

■リコッタチーズとほんのり甘い「赤たまねぎのマルメラータ」、オリーブオイルと相性抜群のフレッシュチーズ「ストラッチャテッラ」

IMG_3545@

■タコをつかった前菜

IMG_3547@

■旬野菜の煮込みソースでいただく耳たぶ型パスタ「オレキエッテ」

IMG_3550@

■菜の花に似たイタリア野菜のソースが美味の自家製パスタ

IMG_3551@

■アーモンド菓子、オレンジピール

IMG_3555@

■食後酒3種

IMG_3556@

■リコッタチーズの「カッサータ」…

IMG_3560@

パスタは2人だったら、ちがう種類のものを頼むとお得。半分に分けて持ってきてくださるので、2種類の味を楽しめます^^

まだ大々的にメディア紹介されていないので、当日の急な予約もできましたが、もしテレビなどで紹介されてしまったら、あっという間に超人気店になってしまうんだろうな~。混雑しちゃうのは困るけど、「広尾にいいお店あるよ」ってつい言いたくなっちゃう、そんなお気に入りのレストランです。

Conure(こぬれ)」広尾の「フロランタン」(780円)。

P1030844@

ほかのフロランタンとちょっと違うところは、形もですが、ドライフルーツ(クランベリーとマンゴー)がトッピングされているところ。おだやかな甘さのなかにフルーツのさわやかな香りと酸味が感じられて、飽きのこない焼き菓子です。

THE CITY BAKERY(ザ・シティー・ベーカリー)」広尾店の「プレッツェルクロワッサン」(310円)。

P1030840@

塩味がアクセントになって、味に深みが増したクロワッサン。また買っちゃいそう。

広尾商店街にある話題のフレンチフライ専門店 「AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット)」。

IMG_3565@

FLOWERレギュラーサイズ(520円)、まぶす塩はプレーンソルト、ディップは自家製マヨネーズ。ベルギー産じゃが芋を選んだので+100円。

IMG_3568@

「こんなポテトフライ初めて~♪」と、ほほの緩みが収まらない^^表面のカリッと感とじゃが芋のやわらかさの対比が美味しさを倍増させます。ディップのマヨネーズもさわやかで美味。

最後に…今度行ってみたいカフェ、広尾駅近くの「Les Grands Arbres(レ・グラン・ザルブル)」。ツリーハウスが目印です。

IMG_3533@
一休のレストラン人気ランキング

表参道行列のできるお店<4>

行列ではありませんが、表参道で予約必須の人気レストランをふたつご紹介♪

外観を見ただけで「このレストラン、行ってみたい~」という気持ちがむくむくとわき上がる「CICADA(シカダ)」へ、昨年11月ランチに行ってきました。数日前に予約をしたのですが、「13:00までなら」という時間制限つき。 当日の店内は本当にたくさんのお客さんで、活気に満ちあふれていました。

20131116 028@

おすすめメニューの「Mezze Plate」(1,500円)。平日だったので、サラダとコーヒー付き。

20131116 023@

20131116 025@20131116 026@

昼間からワインが飲みたくなるようなメニュー構成。エスニックで種類豊富でヘルシーなお料理を、少量ずつ盛り付け。パンもあるので、結構お腹いっぱいになります。

広いお店全体が、なんだか楽しい雰囲気につつまれたレストラン。気兼ねなくおしゃべりに花を咲かせられます^^

5店舗あるうかい亭のなかで、まだ一度も行ったことがなかった「表参道うかい亭」。高層階からの眺め(5Fですが…)を楽しめるのは、こちらの店舗だけ。一番奥にある個室に案内していただきました。採光も十分で明るい店内、調度品も豪華。

IMG_3061@

昨年の12月、クリスマスのランチメニューです。

IMG_3066@IMG_3068@IMG_3070@IMG_3073@IMG_3074@IMG_3078@IMG_3079@IMG_3081@IMG_3082@

テリーヌ、フリット、スープ、ステーキ、ガーリックライス、デザート、コーヒー、小菓子に続いて、最後はデザートワゴンも登場♪

もちろんどのお料理もすばらしく美味しかったのですが、とくに印象に残っているのが、デザートの「和栗のモンブラン」。アングレーズソースとの相性も抜群の盛り付け。秋から冬にかけての限定メニューです。

ちなみにデザートは数種類のなかから選ぶことができます。

※価格は消費税率引き上げ前の購入時の価格です

一休のレストラン人気ランキング

表参道行列のできるお店<3>

今月12日オープンの「MangoChaCha(マンゴーチャチャ)」。台湾からきたマンゴースイーツのお店です。一人とか二人のときにおすすめのメニュー、「モテキ」(一人前 920円)。

IMG_3594@

IMG_3591@

中央のふわふわかき氷(雪花冰)はとても繊細な口あたり。濃厚なようでいて後口はさっぱり、ほんのり酸味を感じるミルク味になっています。ハート型のマシュマロをトッピングして、マンゴーシャーベットとマンゴー果肉が添えられています。

平日の12時頃うかがったので空いていましたが、午後2時や3時台は少し混むそう。また、休日は開店前から行列ができることもあるようです。

マンゴーチャチャから道を一本隔てた通りには、こちらも台湾発のお店「春水堂」表参道店がオープンしていました。写真は昨年代官山店で「アイスタピオカミルクティー」(400円)をテイクアウトしたときのもの。

20130819 283@

20130819 281@

ストローの太さぎりぎりくらいの大きい粒のタピオカは、噛むのがもどかしくなるほどぷるぷるしています。ほんのり甘くてやさしい味のミルクティーとの相性は、もちろんばっちり♪

フラワーショップ「Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)」に併設されたカフェでいただける、フレッシュフルーツのスムージー「BERRY NICE DAY」(650円)。

20131116 033@

20131116 031@

素敵なディスプレイがほどこされた空間でいただくジュースは、また格別♪デンマーク料理などのフードメニューも人気で、昼夜を問わずにぎわってます。

※価格は一部消費税率引き上げ前の購入時の価格です

一休のレストラン人気ランキング