リピートしたくなる「鬼怒川金谷ホテル」(2)

鬼怒川温泉駅前のバウムクーヘン専門店「バウムクーヘン工房 はちや」。

DSC04646@

素材にこだわったバウムクーヘンを店内で焼き上げ、販売しています。その生地でクリームを巻いた「はちやバウムロール」(1,200円)は、店舗販売のみの数量限定品。クリームたっぷりなので、カットした後横に寝かせると食べやすいです。

IMG_6429@

宇都宮市のラーメン屋さん「花の季」。

IMG_6409@

中華風おやき「チェンピン」と、和風豚骨しょうゆ味の「ラーメン」(730円)。ラーメンのスープは油少なめで、女性でも飲みやすい系でした。

IMG_6406@

IMG_6404@

群馬県川場村の永井酒造が手がける「蔵カフェ」。

IMG_6420@

「かわば丼御膳」(1,500円)は、赤城鶏の醤油麹・塩麹が載った丼、大吟醸の酒蔵汁、手作りこんにゃく三種盛り、季節のサラダ甘麹ドレッシング。食後に、酒粕の天ぷら添えアイスクリームのデザート付き。

IMG_6415@

IMG_6418@

テイクアウトした大吟醸酒粕入り「季節の蒸しぱん」(480円)は、プレーンとかぼちゃ入りの2種類。お酒の風味がばっちりします。

IMG_6424@
遠藤酒造場

「鬼怒川金谷ホテル」の名物をそのまま再現した「和風ビーフシチュー」。

P1060103@

隠し味はお醤油。口に入れたときは濃厚ですが、後味がすっきりしています。

ピュレ状にしたりんご入りで、まろやかな甘みが口の中に広がります。1cmほどの厚みの輪切り大根が入っているところも特徴。ルウがしみ込んだ大根は、とろけるやわらかさで、和風感を高めてくれます。食べやすくひと口大にカットされた牛肉も、ジューシーで深い味わい。

材料はすべて国産の厳選された品を使っている、ホテル伝統の味です。

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

リピートしたくなる「鬼怒川金谷ホテル」(1)

ちょっと前になりますが、鬼怒川温泉にある「鬼怒川金谷ホテル」に行ってきました。

DSC04647@

鬼怒川を見下ろすラウンジ。

DSC04602@

DSC04593@

お部屋のテラスから見える鬼怒川渓谷。ガラス張りで眺めがよく、気持ちいい。

DSC04606@

 

夕食はラウンジでのアミューズから始まり、その後ダイニングに席を移します。

DSC04607@

2種類の金谷流懐石から、湯波懐石をチョイスしました。

DSC04618@

DSC04620@

看板メニューの和風ビーフシチュー。

DSC04621@

最後はラウンジにてデザートタイム。

DSC04632@

朝食も手ぬかりなく。たっぷりの野菜に、完璧な仕上がりのオムレツ。

DSC04639@

DSC04641@

DSC04642@

ホスポタリティあふれるホテルで、「また行きたいな」と思わせます。

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

赤坂柿山の風情ある夏のおかき「東京縁日」

先日すごく久しぶりに、千葉の海へ行ってきました。暑かったけど、お天気が良くてなにより。

DSC06064@

DSC06051@

小さなカフェ「カフェ・ポフ」。

DSC06062@

DSC06060@

パンカフェ「パンセ」。

DSC06041@

DSC06043@

パン工房「パン・ド・ナル」。

DSC06039@

美術館に併設されたレストラン「ベルヴェデーレ」。

DSC06066@

DSC06070@

…など、今まで行ったことのないお店を開拓しました。

 

日本橋「コレド室町」で開催中の人気イベント「アートアクアリウム2017」。

IMG_7841@IMG_7842@ IMG_7845@

夏祭りの金魚すくいくらいでしか間近で見る機会がなかった金魚たち。そのライトアップされた姿は、優雅でとっても美しかったです。

 

「赤坂柿山」のおかき詰合せ『東京縁日』。小さい方の「東京縁日1」(864円)は、手桶の形の箱入りです。

P1060398@

西瓜かきもち、金魚煎餅、玉子煎餅(朝顔)など、眺めるだけで微笑ましいラインナップ。

P1060402@

おしながきが書かれた団扇も粋!

涼しさと和やかさを運んでくれる、お遣い物にもおすすめのおかきです。

夏にうれしい飲み物「つぶらなカボス」

突然の雨が上がった後、ふと空を見あげたら、大きな虹が架かっていました。「わっ、虹だ~」と思って外に出てみたら、幸せを呼ぶダブルレインボーでした♪

IMG_7815@

 

表参道にあるアントルメグラッセ・生グラス専門店「グラッシェル」の季節のパフェが、それはもうおいしかったのでご紹介しますね。ポルト酒を加えた大人パフェの「メロンパフェ」(1,500円)。

IMG_7777@

メロンとポルト酒、ミント、マスカルポーネが織りなす絶妙なコンビネーションに感激!奥に見えるピンクのパフェは、お友達が注文した「パフェヴェルサイユ」。そちらも、優雅で華やかさがあってステキでした。

「アフタヌーンティー・ティールーム」のカルピスを使ったメニューも、今いちおしです。3種類の味から選んだのは、マンゴーの「カルピスのシャーベットラッシー」(890円)。

IMG_7792@

甘くてとろとろのマンゴーに、レモンが効いた爽やかな味。暑さが吹き飛びます。

「菓匠清閑院」の桃ゼリー「桃清香(桃さやか」(864円)も、夏の間だけの限定品。

P1030892@

桃の果肉が桃のゼリーに包まれた、桃の風味が凝縮された一品。季節が香る、和菓子屋さんならではのゼリーです。気になる方はお早めにどうぞ^^

ほかにも、暑い時期にとくにうれしいスイーツをご紹介します。

「中村藤吉本店」の、抹茶の味が濃くてうれしい「抹茶ゼリィ」。

IMG_4152@

最近では東京・銀座でも買えるようになりましたね。ザ・京都の味という貫禄です。
京都の抹茶スイーツ【森半】

愛媛「田那部青果」のゼリー飲料「旬のちゅうちゅうゼリー」。

IMG_4784@

たくさん種類がありますが、おすすめは「温州みかん」と「ポンカン」。旬の柑橘の美味しさを閉じこめてます。このまま凍らせて持ち歩ける手軽さが◎。

 

JAフーズおおいたの「つぶらなカボス」は、夏に欠かせないわが家の常備品。

P1050450@

甘さはひかえめなので、グビグビ飲めて後味スッキリのジュースです。夏ミカンのつぶつぶが入って、楽しいアクセントに。

これを飲むと、「あ、今年も夏がきたんだな」と思います。

久しぶりの軽井沢、とろける美味しさの「プレミアム軽井沢ロール」

夏に合う、ロクシタンの「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」。独特のドライハーブ系の清々しい香りが、高原の爽やかさを連想させます。

IMG_7713@

濃密な泡が肌にとてもやさしいです♪

 

久しぶりの軽井沢に行ってきました。新緑の「万平ホテル」も高原の爽やかさ!

IMG_7716@

メインダイニングは大きな窓が取られて、まるで外とつながっているみたいな広々した空間。涼やかな風が通り抜けて気持ちいい~。

IMG_7723@

「五目あんかけ焼きそば」(1,600円)と「辛し胡麻汁そば」(1,600円)。辛し胡麻汁そばは、いわゆる坦々麺。白胡麻か黒胡麻のどちらかを選べます。

IMG_7717@

IMG_7721@

カフェテラスに席を移して、伝統の「ロイヤルミルクティー」(830円)。混雑している時間帯は注文できない「フレンチトースト」(1,500円)と、アップルパイと並んで人気の「ブルーベリータルト」(720円)も。ゆっくりと堪能しました。

IMG_7727@

IMG_7725@

ハルニレテラスに立ち寄って、ツルヤでお買い物。

IMG_7729@

最後は横川SAで「峠の釜めし」(1,000円)を買って帰るのが、定番コースです。

IMG_7733@

 

ツルヤでは、プライベートブランドのものを中心にお買い物。新鮮で品質の良いものがそろってます。

「やわらかドライフルーツ」(269円)

IMG_7737@

「有機レモン果汁」(329円)

IMG_7739@

「ビーフカレー」(299円)

IMG_7741@

「信州八ヶ岳高原ジャージーヨーグルト」(199円)

P1060319@

「まるごとブルーベリーゼリー」(299円)

P1060322@

 

そして今回は定番コースに加えて、最近軽井沢駅前に支店を構えた「スイーツランベルセ」でもお買い物。

事前に予約しておいた「プレミアム軽井沢ロール」(1,500円)。

P1060323@

シフォンケーキで生クリームとプレミアムカスタードプリンを巻いたロールケーキです。

P1060335@

63℃の低温殺菌牛乳とブランド卵を使用した贅沢品。卵は新井養鶏の「地鶏のたまご ピュア蔵一」で、黄身の濃さが違います。

ふんわりしているのにしっかりと弾力があるシフォン生地は、生地だけで十分美味♪その上プリンがコクのあるカスタードクリームのようで、生クリームとともに生地になじんでとろけていきます。

プリンだけだとちょっと重いと感じる方にも、おすすめ。シフォンの軽やかな口どけが、プリンの美味しさを引き立てているケーキです。

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】