今治・くろふね菓舗のラム酒たっぷり「ラムリン」

 

私のパソコンのブックマークに長い間登録されていた『くろふね菓舗』の『ラムリン』。どういう経緯で『ラムリン』というお菓子を知ったのか、今となってはもう思い出せないのですが、いつか今治まで行くことがあったら絶対に買おうと思っていたお菓子です。

昭和37年創業のお菓子屋さん「くろふね菓舗」にはホームページはなく、ネットショッピングもなさそうな感じ。たぶん電話でのお取り寄せは可能と思いますが、これは今治まで行くしかないかな…と、ずっと思っていました。

が、、とうとう手に入れることができたんです。憧れのラムリン。

 

P1060493

「今治・くろふね菓舗のラム酒たっぷり「ラムリン」」の続きを読む…

京都錦小路「桝悟」のお漬物「黒豆醤油大根漬」

 

先日グルメな友人と「最近行ったおすすめのランチのお店」について会話中、「そういえば、この前表参道でランチしたって言ってたよね?」と質問すると、「ああ、ステファン・パンテルさんのお店ね。スペシャリテのフォアグラの奈良漬け巻き、美味しかったよ~♫」というお答え。

歯ごたえのある奈良漬けとフォアグラのとろける食感の対比がよく、奈良漬けの発酵食品特有の酸味がフォアグラにとてもマッチしていたそう。

そんな奈良漬けの話と、ステファン・パンテルさんが京都にもお店を持っているという話から思い出した、こちらのお漬物。独特の美味しさにハマって、半年くらい前までしょっちゅう食べていたのですが、ここのところ食べていないな…と。

 

京都桝悟の黒豆醤油大根漬

「京都錦小路「桝悟」のお漬物「黒豆醤油大根漬」」の続きを読む…

笠間「ふる川製菓」のいちごの「ムース大福」

 

栗やいちごの産地として有名な茨城県笠間市。高速のインターから車で15分ほど走ったところに、昭和32年創業のお菓子屋さん『ふる川製菓』があります。およそ3年ほど前に移転リニューアルしたという建物は、シンプルな外観に控えめな看板。

一度は気づかずに通り過ぎ、Uターンして戻りました。広ーい駐車場スペースがあります。

 

笠間のふる川製菓

「笠間「ふる川製菓」のいちごの「ムース大福」」の続きを読む…

茨城・笠間の栗屋「小田喜商店」の「ぎゅ」

 

大の栗好きの私。数年前には、インスタ映えする栗のモンブランを求めて(私はインスタはやっていませんが…)、栗の名産地「小布施」まで行きました。でも、灯台下暗しということわざがありますが、もっと近くに栗の名産地があるのを忘れていました。それが、茨城県の「笠間」。

以前、谷中銀座商店街にある「和栗や」東京店を訪れたとき、「笠間の栗っておいしい!」と心に刻んだはずなのに。しかも笠間の中でも、特に岩間という地区でとれる栗が秀逸らしいということも…。

そこで、行ってきましたよ。その名も『岩間の栗や 小田喜商店』。

 

IMG_8971

「茨城・笠間の栗屋「小田喜商店」の「ぎゅ」」の続きを読む…

黒磯駅前「明治屋」の温泉まんじゅう

 

先日那須高原まで遊びに行ったときのこと、那須へ向かう途中でふと思い出した、「黒磯駅近くに何やら絶品の温泉まんじゅうがある」という話…。「ちょっと黒磯駅見てみよう」ということで、立ち寄ってみました。

東北本線の黒磯駅は、かつて那須高原への玄関口としてとても賑わいがあったそう。現在は、駅前のロータリーが整備工事の途中。完成後はきれいになりそうで、なんだか楽しみ。

 

東京のおしゃれエリアにありそうなパン屋さん「KANEL BREAD」、お隣のカフェ「Iris BREAD&COFFEE」を通り過ぎると、あっ発見。重厚な壁が、いかにも老舗らしい店構え。立ちのぼる温泉まんじゅうを蒸す煙に誘われて、誰もがふらりと訪れてしまいそう。

和菓子屋さんの『明治屋』。

 

黒磯駅前の明治屋

「黒磯駅前「明治屋」の温泉まんじゅう」の続きを読む…