ふんわり生地でクリームをサンド、松葉屋の「噂の生どら」

 

島根県奥出雲町に本店を構えるお菓子屋さん『松葉屋』。

『噂の生どら』という名前のどら焼きがあるらしいと初めて知ったとき、「興味を引くナイスなネーミング」と思いました。

加えて、このパッケージ!

 

松葉屋の噂の生どら

「ふんわり生地でクリームをサンド、松葉屋の「噂の生どら」」の続きを読む…

栃木で味わうグルメ♪ツルミのカツ煮まん

去年の暮れに栃木県のつくば市へ、つくば万博以来数十年ぶりに行ってきました^^

つくばと言えば外せない名所の一つ、JAXA。

IMG_8318@

そして筑波山。

IMG_8312@

筑波山の麓にある「カリントウ饅頭」が名物の「沼田屋」。黒糖味に楕円形の形、カリッとした食感も本当のかりんとうみたい!

IMG_8308@

IMG_8310@

どら焼き専門店「志ち乃」は、バリエーションに富んだどら焼きを販売する人気店。毎朝手づくりしているというどら焼きは、ふっくら焼かれた皮に力があります。中にはさむ具材も、どの味にしようかな…?と悩むほど豊富です。

IMG_8304@

IMG_8326@

パン工房「クーロンヌ」は、丁寧な接客に感心したパン屋さん。長~い「ロングソーセージ」(280円)が名物。

IMG_8285@

IMG_8294@

古民家を改装したベーカリーカフェ「蔵日和」。「ごぼうチーズ」(170円)は、ご飯替わりになっちゃう一品。

IMG_8315@

IMG_8328@

ランチの時間帯を過ぎてもなお混んでいるレストラン「ウエストハウス」。「ハンバーグ&ナポリタン」(1,080円)など、よくばりなメニューがそろっています。

IMG_8319@IMG_8321@

 

日光市「日光カステラ本舗」の「金箔入り日光カステラ」。

IMG_8376@

金箔をあしらった姿が美しく、お正月やお祝いの席でのお菓子に最適。しっとりしていながら歯切れがよく、甘ったるさがないカステラです。

 

栃木市にあるカツ丼が人気の「ツルミ食堂」の「カツ煮まん」。

P1060452@

昔ながらの食堂の味のカツ丼の具が、ふんわりした生地に包まれて肉まんのような形に。「ご飯との相性より良いのでは?」と思ってしまうくらい、ベストマッチのお饅頭です。

お取り寄せスイーツ

和と洋がコラボした生風味のお菓子

京都「マールブランシュ」の「生茶の菓」は、抹茶たっぷりのお濃茶を混ぜて焼き上げたフォンダンショコラ。ホワイトチョコレートが入って、コクをプラスしています。

IMG_5391@
京都の抹茶スイーツ【森半】

東京江戸川区「忠三櫻本舗」の看板商品「忠三銅鑼焼」。生クリーム入りの生どら焼きが、驚くほどふんわりした口どけ。

P1040131@

 

北海道「スイートオーケストラ わらく堂」の「おもっちーず」。お餅のようにもっちりして伸びがよい、不思議なチーズケーキです。誰かをちょっとビックリさせたい時におすすめ。

P1030563@

 

兵庫「丹波篠山いのうえ黒豆農園」の人気商品「丹波黒豆ケーキ」。大粒の黒豆をのせた、しっとり食感のパウンドケーキです。

P1060338@

 

福井「金花堂はや川」の「羽二重くるみ」は、羽二重餅にくるみを練り入れシュー生地でサンドしたお菓子。

P1060371@

お餅の中のくるみのカリッとした食感が、心地いいアクセント。

P1060375@

もちもちしたやわらかいお餅と香りよいくるみ、バター感たっぷりのシュー生地のコラボレーションが最高です!

お取り寄せスイーツ

銀座で「和」を心ゆくまで愉しむ

グルメの街として知られる「銀座」。たくさんお店がありすぎてかえって迷ってしまい、なかなかお店を決められないなんてこともありそうです。その中で「和」にスポットを当てて、いくつかご紹介しますね^^

「若菜」は、食卓につい一品添えたくなる季節のお漬物がそろう漬物店。「海老のミルフィーユ」は、海老を4種類の野菜(きゃべつ、玉ねぎ、パプリカ、アスパラ)でミルフィーユ状に仕立てた季節のお漬物。野菜のシャキシャキ感を残したマリネ風の味つけで、サラダ感覚でいただけます。見た目もきれいで、食卓が華やぎます♪

p1050524

「銀座 鮨青木」のお持ち帰り用「ばらちらし」(3,240円)。生ものがちょっと苦手な私ですが、このちらしは大丈夫。大胆で豪華な盛り付けに、丁寧で繊細な味。職人の心意気を感じる逸品です。

img_4266

「吉宗(よっそう)」は長崎郷土料理のお店。麩、穴子、きくらげなど約10種類の具が入った大きな茶わん蒸しが名物です。

img_6968

「八代目儀兵衛」はお米が自慢のお店。土鍋釜で炊いた、炊きたてつやつやのご飯がいただけます。香ばしいおこげがまた美味。

img_5112

img_5114

うかいグループの割烹料理店「kappou ukai」のランチコース(6,800円)。全7品のコースですが、冷たいものはしっかり冷たく温かいものは作りたてを提供してくれます。きびきびした料理人の方たちの様に心意気を感じる、気持ちのよいお店です。

img_6697

img_6698

img_6708

img_6711

「HIGASHIYA GINZA」は、香の物が付いてくる食事のコースもおすすめですが、やはりいちおしは和菓子。なかでも「棗バター」は、発酵バターのクリーミーさと棗の自然の甘さがあいまって、ありそうでないお菓子に仕上がっています。

img_4622

img_4626

京はやしやが手がける「林屋新兵衛」の「特製あんみつ」(1,450円)。抹茶寒天、抹茶アイス、抹茶わらび餅、抹茶ようかん、抹茶みつなど、抹茶好きにはたまらない抹茶が盛り盛りのあんみつです。

img_6972
京都の抹茶スイーツ【森半】

「甘楽」の「銀六餅」は、餅粉入りの生地で粒あんをはさんだどら焼き。小ぶりなサイズとモチモチ食感の皮で、一つ食べるともう一つと自然に手がのびちゃう美味しさです♪

img_5891
お取り寄せスイーツ