南国リゾート宮古島へ2泊3日で行ってきました♪

沖縄地方に季節はずれの台風が近づいていた10月の半ば、東洋一美しいビーチと日本一の長さの無料で渡れる橋がある、南国宮古島に行ってきました^^

到着後空港でレンタカーを借り、まずは来間大橋を渡って来間島のカフェへ。

DSC00003@

目的のカフェは「楽園の果実」。

DSC00004@

シーズンは過ぎていたので冷凍のマンゴーでしたが、どうしてもマンゴーが食べたかったので、マンゴーづくしの「蔵出しgogoマンゴー」(1,900円)を注文。トロンとしたジュースが美味♪周りを見渡すと、ドラゴンフルーツパフェと人気を2分しているようでした。

DSC00007@

竜宮城展望台から望む宮古島。

DSC00010@

 

宿泊したのは、目の前に東洋一美しいといわれる与那覇前浜ビーチが広がる「宮古島東急ホテル&リゾーツ」。

DSC00043@

DSC00044@

IMG_8093@

波が高く遊泳禁止だったビーチ。それでも透き通るようなコバルトブルーの海と白砂の美しさは健在。

DSC00049@

オーシャンビューのワイドビュールームからは、夕日が目の前に沈むのが見えました。

DSC00062@

DSC00021@

ホテル内の和食レストラン「やえびし」で夕食。ゆし豆腐の茶碗蒸し、アーサーの天婦羅、沖縄風炊き込みご飯(ジューシー)と宮古そばなどの沖縄料理がセットになった「天婦羅会席」(2,800円)。

DSC00029@

DSC00030@

DSC00034@

朝食時には、炊きたての釜炊きごはんが提供されるおすすめのレストランです。

DSC00038@

 

2日目は全長3,540mの伊良部大橋を渡って、伊良部島と下地島へ。

IMG_8067@

巨岩が点在する佐和田の浜。

IMG_8056@

フナウサギバナタ展望台。

IMG_8061@

カラフルなお家が建ち並ぶ佐良浜の集落。

IMG_8063@

昼食は、お豆腐屋さん「皆愛屋」の「ゆし豆腐そばセット」(680円)。ふわふわのゆし豆腐が載ったおそばに、黒米の豆腐おにぎり、豆腐もち。豆腐もちが美味し過ぎて、5個入りパックをお持ち帰りしました。

IMG_8071@

アイスクリームショップの「リッコジェラート」。一番人気のフレーバー「リッコみるく」のほかに、沖縄らしい「黒糖ちんすこう」などのレベルの高いジェラートがそろいます。

IMG_8070@

宮古島熱帯果樹園「まいぱり」のトロピカルガイドツアーを体験。

IMG_8081@

池間大橋を渡って、宮古島最北の島池間島へ。

IMG_8085@

南下して、宮古島最東端の東平安名崎。

IMG_8086@

夕食はシギラリゾートの炭火焼肉のお店「琉宮苑」へ。

IMG_8087@

「宮古牛ミスジ」(3,200円)は、厚切りにしたボロニアソーセージのようにやわらかい食感。

IMG_8090@

 

最終日の朝はホテルでゆっくり過ごし、バー「ムーンシェル」で「シーフードカレー」(1,400円)の昼食。

IMG_8096@

チェックアウトして空港へ向かい、ぎりぎり台風が直撃する前に宮古島を後にしました。

 

「島の駅みやこ」で調達したお土産。「雪塩もずく」(324円)、「宮古島サイダー」(250円)、「久松五勇士」(650円)、「バナナケーキ」(864円)など。

IMG_8102@

お土産を探すなら、ファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」もおすすめです。より地元感のあるお土産を買うことができますよ。

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

ここのところなにかと話題のグルメいろいろ☆

午前中に行かないと売り切れちゃうくらい人気!「スターバックス」のプリンは、カラメルソース入りの「ミルクカスタードプリン」とチョコレートソース入りの「チョコレートプリン」の2種類。

img_7156

カップはチョコの方が魅力だけど、味はカスタードの方がインパクトあります。

今月末までの期間限定営業、AI(人工知能)でレシピを開発したクレープ店「エスプリ・ド・エスプリ」。人気メニューの「ショコラバナーヌ」(980円)。

img_6839

もっちりしてやわらかいクレープ生地にバニラ感満載のクリーム、たっぷりのフルーツとアイスクリームは究極の組み合わせ。

LA発で日本初上陸、ルミネ新宿にオープンしたパイのお店「パイホール」。まずはこちらのメニューから試したい「マムズアップルクランブル」(450円)。

img_7135

りんごのほどよい甘さと酸味、クランブルのカリッとした食感とバター感が印象的なパイ。

同じくLA発日本初上陸、代官山のカフェ「ブルージャムカフェ」。揚げトルティーヤの「ランチュロス」(1,270円)とリゾットの「ブランチカルボナーラ」(1,350円)。コーンフレークをまぶして焼いてある「クランチーフレンチトースト」(ハーフ 1,270円)。

img_6896

img_6903

ベジタリアン対応やグルテンフリーのメニューがたくさんあって、味もちゃんと美味しい♪全メニュー制覇するまで通いたくなるレストランです!

2号店もオープンして話題の代々木上原のサンドイッチ屋さん「ポタスタ」。人気の「スクランブルエッグ&ベジタブル」と「ビーンズキナコ」、2つセットで850円のお得感♪

p1050333

このサンドイッチを目の前に「こういうサンドイッチ、待ってたんだよね~」と心の声が聞こえてきました。

そして、真似して自分でもつくってみました^^具をたっぷり入れたつもりでも、写真を比べてみるとやっぱり足りない…。

p1050425

小田急線喜多見駅からすぐのカレー屋さん「ビートイート」。店主自らがハントしためずらしい鹿肉のカレーをいただけるお店です。

img_6837

セット(1,000円)に鹿肉のキーマを追加(+400円)。スパイスたっぷりに仕上げた鹿肉は噛みごたえがあって思っていたよりずっと食べやすい味。

鎌倉が本店のカレー店「オクシモロン」。辛口の「エスニックそぼろカリー」と、温泉卵がのった辛くない「和風キーマカリー」。デザートに昔ながらの「カスタードプリン」。

img_6856

img_6861

カリッとしてパラッパラの肉そぼろに、香味野菜とナッツがエスニック感を増幅させるやみつきになるカレー!シンプルなプリンは安定の美味しさ。

銀座四丁目の新ビル「銀座プレイス」の中にオープンした「ビストロマルクス」。看板商品のブリオッシュが付いたランチ「ムニュデジュネ」(3,800円)。

img_7003

img_7006

img_7007img_7011

銀座駅から直結、眺めもよい抜群の立地。混雑が落ち着いたころもう一度訪問してみたいレストランです。

この時期しか食べられない!「やながわ」の「和栗のモンブラン」。

p1050715

箱に赤い水引がかけられた、和の装いのモンブラン。ふたを開けると、中央には丹波栗の渋皮煮。さながら日の丸弁当か肉そぼろご飯みたいな、圧倒的な見た目のインパクト。

底には軽い食感のスポンジケーキ、その上にたっぷりのカスタードクリーム、生クリーム、最後にそぼろ状の丹波栗のペースト。付属の竹べらで取り分けたモンブランは、ひと口ごとに栗、生クリーム、カスタード、スポンジのマリアージュを楽しめます。

とにかく夏はカレーが美味しい季節です♪

梅雨の晴れ間、あじさいの見頃を過ぎた鎌倉へ。

開店前に着いたのにすでに行列、平日だというのに…。恐るべし、茶房「雲母(きらら)」。1時間半ほど並んで、ようやく店内へ。でもでも、待った甲斐ありました!「宇治白玉あんみつ」(750円)のぷるぷるでモチモチの抹茶白玉。シアワセ~♪

IMG_6553@
京都の抹茶スイーツ【森半】

その後徒歩で「古我邸」まで。建物裏手にあるテラス席にて、アイスコーヒー&アイスティー(ともに300円)。ロケーションが素晴らしい。いつか建物内のレストランにも行ってみたいわ…。

IMG_6559@IMG_6561@

海沿いの方はお休みだったので、本店へ伺った「珊瑚礁」。「シーフードサラダ」(1,550円)、「ガーリックポテト」(630円)、「ドライカレー」(1,100円)。ドライカレーはルーを別添えにしてもらい、食後には「ソフトクリーム」(小 200円)を。こちらの2つは本店限定メニューです。

IMG_6583@IMG_6570@IMG_6572@IMG_6576@

ドライカレーはコクがあって、カレー味のライスと相性抜群!海は見えなくても、開放感ある店内と美味しいカレーに大満足^^

 

先日インド料理のレッスンを受けました。レーズンライス、海老カレー、サモサ、サラダ、シュリカンドというヨーグルトのデザート。皮から手づくりした揚げたてのサモサが絶品で、家へ帰って挑戦してみようという気持ちがムクムク。

IMG_6721@IMG_6725@

 

宮城のにしき食品が展開する「にしきや」のレトルトカレー。ベースがいくつかありますが、トマトベースが一押しです。

P1050410@

学食で人気の山食のカレーがレトルト食品として販売されていました。「山食カレー」(3箱セット 1,200円)は、昔ながらの味で量もたっぷり。

P1040792@

駒澤大学駅そばのタイカレーのお店「ピキヌー」。「カントリーカリー」(800円)は、お野菜たっぷりでココナッツミルクの入らないカレーです。スパイシーですっきりした後口が夏にぴったり。

IMG_6603@

カレー激戦区神保町にある「共栄堂」の「ポークカレー」(950円)。小麦粉を使わないで仕上げたスマトラカレーのお店です。香ばしいスパイスが肉の美味しさを引き立てた、ヘルシーなカレーです。

IMG_6322@

銀座のカフェ「SO CAFE」の「黄色いカレー」(1,000円)。肉の脂身までとりのぞいた、徹底的に油の入らないカレーです。サラダのドレッシングももちろんノンオイル。昆布水もついて、食べ終わった後は、なんだか体にいいことした気分。

IMG_5930@
自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

新宿「チャオカリー」の「ベーコンエッグ野菜curry」(1,000円)。カレーの材料には普段あまり使わないと思われる、ベーコン・卵・キャベツのカレーです。これが白いご飯によく合うのでびっくり。

IMG_5154@

渋谷「チリチリ」は営業時間の少なさで、なかなかハードルの高いカレー屋さん。写真は「ポークマサラカレー」(950円)(スモールライス 50円引き)。ルーにはなんと玉ねぎが丸ごと1個分入っています!サラッとしていて、胃にやさしくしみこんでいくカレーです。

IMG_5923@IMG_5924@

一見オシャレな雑貨屋さんみたいな外観の、吉祥寺「サジロカフェ」。「Aセット」(1,000円)は、カレー、ナン(またはライス)、サラダ、ドリンク付き。店内も落ち着いたいい雰囲気で、長居してみたくなるお店です。

IMG_4426@IMG_4421@

代々木上原のフレンチレストラン「ラ・ファソン古賀」。こちらで食べるべき一品は、肉と野菜の旨味を凝縮した「ソース・キュリー」。

IMG_3342@IMG_3338@

カレー風味のポタージュスープのような口あたりで、やさしい味わい。トッピングは、お肉か野菜のどちらかを選べます。お取り寄せも可能なので、ぜひ!

ひなた焼菓子店のやさしい気持ちになれるタルト<2>

神奈川県相模原市にある焼き菓子屋さん「ひなた焼菓子店」ですが、同じ相模原市内に、ほかにもこんなにたくさんのおすすめのお店があります。相模原市って本当に、広い!

古民家を利用した家庭料理のお店「よも食堂」。

IMG_4879@

「豆メンチカツ定食」(1,180円)は、北海道産と山梨県産の豆数種類のみでつくられた、メンチカツ風豆のコロッケがメイン。ほかに豆と根菜のシチュー、ネギとしろ菜の酢味噌和え、昆布と切干大根の漬物、白菜の塩麹漬、プチおしるこがセットに。

IMG_4877@

こだわりの調味料、産地を明確にした食材を使用して、丁寧に調理された印象のお料理に心がなごみます。

IMG_4875@
自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

十割そば専門店「蕎澤(きょうたく)」。

IMG_4890@

おすすめ膳「豆ふづくし」(950円)のおそばを細打ちから中太田舎に変更(+100円)。自家製おぼろ豆ふ、おからサラダ、白和え、卯の花春巻きが付いてます。歯応えのある田舎そばは、そば粉の香りと美味しさを堪能できます。

IMG_4888@

今は相模原市ですが、旧津久井郡藤野町にあるカフェレストラン「Shu(シュウ)」。そんなに遠くまで来ていないのに、遠くまで来ちゃったみたいな感じがするロケーション♪

IMG_4253@

「野菜たっぷりチキンカレー」(1,100円)は、+300円で取り放題の菜園サラダとドリンクが付きます。

IMG_4248@

お隣のテーブルの方のメニューに付いていた、ピンク色の丸パンがすごく気になって、同じパンを追加オーダー。紫芋のパウダーを混ぜて焼いているのでしょうか…?ほんのり付いた焦げ目がとっても美味しそうでしょ^^

IMG_4251@

津久井と橋本にある洒落たコーヒーショップ「ZEBRA Coffee & Croissant(ゼブラ コーヒー&クロワッサン)」 。産地などにこだわったコーヒー豆と、大きなクロワッサンをはじめとしたデニッシュ生地の大きなパンが売りのお店。店内空間がとても広いのもポイントです。

「アイスラテ」(400円)と、デニッシュ生地のカルツォーネ「ゼブラカルゾネ」(530円)、コーヒークリーム入りデニッシュ「エスプレッソクリーム」(320円)。

IMG_4255@

 

そして、こちらがとっても美味しい焼き菓子を販売している『ひなた焼菓子店』。お店の名前を眺めてるだけで、なんだかほっこりとやさしい気持ちになれますね。以前は町田市でお菓子の販売のみだったのですが、移転してからカフェも併設されています。

IMG_4880@

洋梨、アプリコット、レモンのタルトやスコーンなど。これだけ買って、2,000円くらい。休日のお昼ごろ伺ったのですが、早々にいちごのタルトは売り切れていました。

IMG_4897@

生地のほろほろほろとくずれる口ざわりが心地よ過ぎて、忘れられなくなるタルト。食感がいい意味で、儚いのです。

一休のレストラン人気ランキング