かぼちゃ・芋・栗・柿をつかった秋のスイーツ

今日はハロウィン♪最近私は北海道産の「くり将軍」という品種のかぼちゃにハマってます^^

さて、こちらは「アフタヌーンティーベイカリー」のハロウィン限定パン。

P1060439@

かぼちゃあんと紫芋あんを巻き込んだロール状のパンにクッキー生地を被せてあります。カワイイだけじゃなく、ふんわりさとしっとりさをあわせ持つおいしさ。

意外なお店のおいしいかぼちゃスイーツがこちら!茅ヶ崎「えぼし工房」の「南瓜ぷりん」。

IMG_4778@

魚料理などの和食がメインのお店なのに、手作りデザートのレベルがスイーツ店並み。絶妙な焼き色のプリンは生クリーム入りでこくがあり、かぼちゃのおいしさを存分に味わえます。

「鳴門金時いも玉すいーと」は輪切りのさつまいもを台にして、その上にはちみつ入りのスイートポテトを載せたお菓子。

P1040448@

少し温めると、ほくほく感が増してさらにおいしいです。

持ち帰る間に倒れてしまいましたが…、三田にある人気のケーキ屋さん「グーテ・ド・ママン」の「和栗のモンブラン」。

IMG_8113@

しっとりした栗のペーストが、上質な栗きんとんのよう。この時季限定です。

岐阜「澤田屋」の「妻籠の秋 柿と栗」。

IMG_4755@

栗きんとんを干し柿のなかに詰めた、秋らしさいっぱいのお菓子です。柿と栗どちらもほどよい甘さで、お互いのよさを引き立てています。

「畑ほし柿」は島根県松江市東出雲町の畑地区で生産された干し柿。

20130110 037@

柿のおいしさが凝縮された、蜜たっぷりでねっとりした果肉。その甘さにびっくりして、つい「甘~い」と叫んでしまいます。

お取り寄せスイーツ

ここのところなにかと話題のグルメいろいろ☆

午前中に行かないと売り切れちゃうくらい人気!「スターバックス」のプリンは、カラメルソース入りの「ミルクカスタードプリン」とチョコレートソース入りの「チョコレートプリン」の2種類。

img_7156

カップはチョコの方が魅力だけど、味はカスタードの方がインパクトあります。

今月末までの期間限定営業、AI(人工知能)でレシピを開発したクレープ店「エスプリ・ド・エスプリ」。人気メニューの「ショコラバナーヌ」(980円)。

img_6839

もっちりしてやわらかいクレープ生地にバニラ感満載のクリーム、たっぷりのフルーツとアイスクリームは究極の組み合わせ。

LA発で日本初上陸、ルミネ新宿にオープンしたパイのお店「パイホール」。まずはこちらのメニューから試したい「マムズアップルクランブル」(450円)。

img_7135

りんごのほどよい甘さと酸味、クランブルのカリッとした食感とバター感が印象的なパイ。

同じくLA発日本初上陸、代官山のカフェ「ブルージャムカフェ」。揚げトルティーヤの「ランチュロス」(1,270円)とリゾットの「ブランチカルボナーラ」(1,350円)。コーンフレークをまぶして焼いてある「クランチーフレンチトースト」(ハーフ 1,270円)。

img_6896

img_6903

ベジタリアン対応やグルテンフリーのメニューがたくさんあって、味もちゃんと美味しい♪全メニュー制覇するまで通いたくなるレストランです!

2号店もオープンして話題の代々木上原のサンドイッチ屋さん「ポタスタ」。人気の「スクランブルエッグ&ベジタブル」と「ビーンズキナコ」、2つセットで850円のお得感♪

p1050333

このサンドイッチを目の前に「こういうサンドイッチ、待ってたんだよね~」と心の声が聞こえてきました。

そして、真似して自分でもつくってみました^^具をたっぷり入れたつもりでも、写真を比べてみるとやっぱり足りない…。

p1050425

小田急線喜多見駅からすぐのカレー屋さん「ビートイート」。店主自らがハントしためずらしい鹿肉のカレーをいただけるお店です。

img_6837

セット(1,000円)に鹿肉のキーマを追加(+400円)。スパイスたっぷりに仕上げた鹿肉は噛みごたえがあって思っていたよりずっと食べやすい味。

鎌倉が本店のカレー店「オクシモロン」。辛口の「エスニックそぼろカリー」と、温泉卵がのった辛くない「和風キーマカリー」。デザートに昔ながらの「カスタードプリン」。

img_6856

img_6861

カリッとしてパラッパラの肉そぼろに、香味野菜とナッツがエスニック感を増幅させるやみつきになるカレー!シンプルなプリンは安定の美味しさ。

銀座四丁目の新ビル「銀座プレイス」の中にオープンした「ビストロマルクス」。看板商品のブリオッシュが付いたランチ「ムニュデジュネ」(3,800円)。

img_7003

img_7006

img_7007img_7011

銀座駅から直結、眺めもよい抜群の立地。混雑が落ち着いたころもう一度訪問してみたいレストランです。

この時期しか食べられない!「やながわ」の「和栗のモンブラン」。

p1050715

箱に赤い水引がかけられた、和の装いのモンブラン。ふたを開けると、中央には丹波栗の渋皮煮。さながら日の丸弁当か肉そぼろご飯みたいな、圧倒的な見た目のインパクト。

底には軽い食感のスポンジケーキ、その上にたっぷりのカスタードクリーム、生クリーム、最後にそぼろ状の丹波栗のペースト。付属の竹べらで取り分けたモンブランは、ひと口ごとに栗、生クリーム、カスタード、スポンジのマリアージュを楽しめます。

高円寺ラブリコチエの和栗のモンブランなど…

HP上に書かれていたひと言「モンブランはじめました」。このフレーズにひかれ行ってきました、高円寺のパティスリー「ラブリコチエ」。こちらがその「モンブラン」(460円)♪注文してからつくってくれます。

img_6886

なので、土台のメレンゲがサックサク!中の生クリームも上質で、熊本産和栗のペーストはお値段以上のたっぷり量。シンプルゆえ、栗の美味しさが際立つ構成です。可能であれば、つくりたてを味わえるイートインがおすすめ。

 

さらに、高円寺のおすすめグルメをいくつかご紹介します^^

パン工房「マダムシュープリーズ」、クランベリークリームチーズ(350円)とカンパーニュ。国産小麦と自家製の天然酵母を使い時間をかけてつくられた、体がよろこぶパンがそろいます。

img_6893

「バウムクーヘンてこんなにバリエーションに富んでたかしら~?」と楽しくなるお店「バウムクーヘン工房ハナミズキ」。写真はエスセンヤシュウタロウ(旧店名)時代に購入したできたてバウムという商品ですが、やわらかい口どけに感激しました。

p1030824

座・高円寺の中にあるカフェ&レストラン「アンリファーブル」。ランチの「本日のパスタ」(サラダ、コーヒー付き 900円)はトマトたっぷり。ゆったりした席の配置で落ち着きのある店内は、外の喧騒を忘れさせてくれる穴場空間です。

img_3497

img_3498

まるでフレンチレストランのようなベジレストラン「ロータスフラワーズワン」。お得感抜群のランチ「メインディッシュセット」(平日1,620円 ハンバーグは+100円)。メインにはもちろん、看板メニューの「絶対美味のハンバーグ」をチョイス。

img_6873

img_6876

img_6879

「えっ、これベジ?本当にベジなの?」とびっくりするくらいハンバーグな「絶対美味のハンバーグ」♪店員さんがサーブしてくださるとき「絶対美味のハンバーグです」と、絶対美味をつけ忘れないところも好感度大^^

img_6883

高円寺と吉祥寺にお店をかまえる、メルヘンの世界へようこそという感じのカフェ「ハティフナット」。「玄米きのこたっぷりドリア」(850円)やかわいいラテアートのドリンクなど、メニューも女子受けするものばかり!この外観を見たら、やはり素通りはできません。

img_4368

img_4371
お取り寄せスイーツ

栗の点心「朱雀」をめざして小布施までⅡ

小布施堂の宿泊施設「桝一客殿」の栗の点心「朱雀」プランは、朝食付きのプランでした。朝食はメタセコイアの木のもとにあるイタリアンレストラン「傘風楼」で、7:30から11:00までの好きな時間にいただくことができます。朝食の時間にしばられない自由な感じがうれしくて、よりリラックス感がアップ。

IMG_9965@

朝食「傘風楼のブレックファスト」は、卵料理、ヨーグルト、スープ、パン、ドリンクといった内容です。

‘小布施産りんごジュース’ ‘シチリア産赤いオレンジジュース’

IMG_9943@

‘じゃがいものスープ’

IMG_9944@

‘自家製ヨーグルト’ ‘自家製パンと手づくりジャム’

IMG_9948@

‘エッグベネディクト サラダ・自家製ロースハム付き’

IMG_9951@

‘カプチーノ’

IMG_9953@

卵料理は小布施くりのみ園の卵を2つ使用。フリッタータ(イタリアンオムレツ)、スクランブルエッグ、エッグベネディクト、プレーンオムレツ、目玉焼きのなかから一つ選びます。パンは4種類、スコーンは全粒粉使用、またイタリアンレストランらしくフォカッチャもありました。ジャムはブラムリーのジャムとマーマレード。自家製のロースハムがとびきり美味でした♪

朝食後、「栗のアイスクリーム」をテイクアウト。栗の粒がアクセントになった牛乳の風味たっぷりのアイスです。

IMG_9954@

傘風楼脇からつづく「栗の小径」。

IMG_9978@

 

そして、こちらが市村家本宅。小布施堂のご主人のご自宅です。今回の宿泊プランの目玉は、この本宅の2階にある特別席でゆったりと栗の点心「朱雀」をいただけるということ。9:00から14:00までの希望する時間を前日に決めておきます。

IMG_9962@

心地よい風が通り抜けるお座敷。テーブルは全部で4卓ありましたが、そのとき居たのは私たち一組だけ。これは確かに特別な席でした。

IMG_9971@

ほどなくして、待ちに待った「朱雀」登場!「そうそう、これこれ~♪」、写真やTVなどで何度も見た「朱雀」が今目の前に。テンション上がりました^^

IMG_9973@

ズバリ、頭の中で思い描いていた以上の美味しさ♪「こういうモンブランを待っていたのよね…」「生クリームとか添える誘惑を断ち切ったのすごいな」などと、勝手な感想を言いながら食べました。

早朝採れたての新栗を蒸して裏ごしした状態のものを、栗餡の上にふんわりと載せてあります。栗餡に入れられたお砂糖以外は、自然の甘さのみ。栗の香り、舌ざわり、うまみが最大限に引き出されています。「またいつか、絶対に食べたい」と思いました。

 

お土産に買った、「味麓庵」の看板商品「福栗焼き」(290円)。

IMG_9961@

IMG_9985@

丸ごと一粒の栗と栗餡を包んだ栗の形の焼き菓子。栗の風味たっぷりのなめらかな栗餡とふんわりした皮が後を引く、満足感のあるお菓子です。

今回の旅行でひとつだけ心残りなのが、絶品パンと言われる「岩崎」の「チェルシーバンズ」を買うのを忘れて帰ってきてしまったこと。今度行ったら忘れずに買ってこようと思います!

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】