雨の台湾3日間:温もりのある茶芸館巡りでまったり(1)

乾季のはずだったのに…。日頃の行いが良いせいか、なぜか3日連続で雨の台北。しかも大雨、さらに真冬同然の寒さ。そんな2月終わりの台湾・台北の旅行は、お茶屋さんでまったりと過ごす時間が長い(外に出たくなくて)旅行になりました。

 

温もりのある茶芸館ひとつ目は「紫藤廬」。

サンルーム風の店内から見渡せる、藤棚のあるすてきなお庭。

お茶屋さんですが、ちょうどお昼時だったためランチを選びました。ヘルシーな味付けの豚バラ肉の甘酢醤油掛けキウイ添えがメイン料理のランチセット(380元)。

趣の異なる小部屋がいくつもあり畳敷きの部屋もあって、何度も通いたくなる魅力をもったお店です。

 

素材にこだわるお菓子が美味しいと評判で人気の「手天品」。

看板商品のパイナップルケーキ(プレーン 32元)、くるみ入りもありました。パイナップルの酸味を活かした餡が良質のクッキー生地に包まれて、食べきった後のすっきり感が「あっ、いつもと違うぞ」という印象を受けます。

 

私にとって2度目の台湾ですが、初めての九份。よく「雨の九份は風情があっていい」と聞きますが、どしゃ降りはダメ(涙)。足下ばかり気になって、周りを見る余裕などなく…。記憶に残っているのは、二つ目の茶芸館「阿妹茶楼」だけという悲しい結果に。

お茶セットは最初の一杯は淹れ方を教えてもらい、後は自分で淹れて楽しみます。左上の緑色のお菓子美味しい♪と思っていたら、帰りの空港で見つけちゃいましたよ。

もしも人生でもう一度九份を訪れる機会に恵まれたら…、絶対晴れの日に行ってやる~。

 

小籠包の人気店「杭州小籠湯包」。こちらの民生東路沿いの2号店は、まだ新しくてきれいです。

へちまが入った小籠包がジューシーでおすすめ。

宿泊は民生東路に面したホテル「和逸台北民生館」。MRT行天宮駅の近くにある、モダンできれいなホテルでした。

クリスマスとドバイⅤ

世界一高いビルとして名高い「バージカリファ」。展望台「アットザトップ」からの景色は、なんだか模型のようで現実離れしている感じがしました。

バージカリファは、巨大ショッピングモール「ドバイモール」に隣接しています。

ドバイモールの中には、大きな水槽の「ドバイ水族館」やスケートリンクも。

バージカリファの真下で行われる世界最大級の噴水ショー「ドバイファウンテン」。

ドバイモールにあるレストラン「ワフィグルメ」のテラス席は、ショーを間近で見ることができる特等席。フムス、タブーレ、マハシなどのアラブ伝統料理のデリ盛り合わせがおすすめです。このロケーションでお腹いっぱい食べてDh165は高くない。

夜のバージカリファも素敵♪

 

ドバイモールに入っているZARAの姉ブランド「マッシモドゥッティ」。日本未上陸のブランドです。クリスマスセールでDh149のニットがDh109に。

自宅用のお土産はこちら。

シリアスイーツ「アラベスク」のバクラバ、「チョック&ナッツ」のレモンソルト風味ピスタチオ、ホワイトチョコレート掛けオレオクッキー、ブラウンバスマティライス、ラクダミルクのチョコレート、ビリヤニが簡単に作れるミックススパイスなど…。

最近自宅へのお土産は調味料を買うことが増えました。その方が長持ちするので、旅行の余韻に長くひたれる気がするんですよね。

 

※Dh1=33~34円

クリスマスとドバイⅣ

ここのところ寒い日が続いていますが、みなさんお変わりありませんか…?遅くなりましたが、2017年もよろしくお願いいたします。

 

まだ松の内の期間に、銀座大倉ビルにある「銀座吉兆」へ。こちら、ホテル西洋銀座時代からつづけて通っていらっしゃるお客様が多いらしいです。ランチ懐石では一番お手頃価格の「野菜懐石」(10,800円)。

まだお正月ムード漂う器、金箔、紅白のトッピングなど、盛り付けや素材の切り方など目でも楽しめました♪きっと腕のいい板前さんがいらっしゃるんだろうな~と想像。

 

それでは、ドバイ旅行のつづきです。もう少しお付き合いくださいませ^^

6つの国をテーマにしてつくられた「イブンバトゥータモール」。ペルシャエリアにあるスターバックスは、その造りの豪華さと美しさで有名。

チャイナエリアにあるドバイ発のカフェ「シェイクスピアカフェ」。ガーリーな内装の店内は女子受け間違いなし。

ザーターのラップサンド(Dh15)とシーザーサラダ(Dh39)。ザーターとは数種類のハーブやごまなどを混ぜたミックススパイスのこと。ちょっと酸味があってザクザクした食感が薄焼きのパンと合います。

 

所変わって「エミレーツモール」。巨大な屋内スキー場があります。

モロッコ料理レストラン「アルマスバイモモ」。アラビアンティーポット入りのモロッカンティー(Dh32)とモロッカンアイスティー(Dh30)。異国情緒あふれる穴場カフェです。

 

こちらはピラミッドの形をした「ワフィモール」。

吹き抜けのレストラン「カーンムルジャン」。

エジプト料理のコシャリとざくろの搾りたてジュース。こんな濃厚なざくろジュース初めて♪

 

※Dh1=33~34円

クリスマスとドバイⅢ

お隣の首長国アブダビへも足を延ばしてみました。豪華絢爛な「シェイク・ザイード・グランド・モスク」はどの角度から見ても美しく、ため息もの。

豪華すぎるシャンデリアもありました。

防波堤から眺めたアブダビの街。中央にエミレーツパレスホテルが見えてます。

フェラーリのテーマパーク「フェラーリワールド」もあるんですよね~。

カフェ「Maison Maatouk」マリーナモール店の「キャラメルフラッペ」(Dh25)。こちらはたぶん、アブダビにしかないコーヒー専門店。コーヒーの形をした椅子に魅かれて入りました。

 

アラビア湾に浮かぶ人工島パームジュメイラの先端にあるホテル「アトランティス・ザ・パーム」。モノレールに乗って行きました。

併設のウォーターパークには絶叫系で有名なスライダーがありますよ。

ショッピングアーケードにあるシャワルマのお店「シャワフェル」で、「チキンシャワルマ」(Dh35)と「レバニーズファラフェル」(Dh30)。シャワルマはアラブのソウルフード。

 

独特の形で有名なホテル「バージアルアラブ」。ど~んと圧倒的な存在感。宿泊者やレストランの予約者でないと、敷地内に立ち入ることができません。

金の装飾がまばゆいエントランス。

水槽に光り輝く金色のエレベーター。これでもかっ…ときらびやかな世界を見せつけてくれます。

巨大な吹き抜けを見上げる位置にあるラウンジ「サンエダー」の朝食(Dh295)。事前にホテルのホームページから予約をしてから行きました。

マンゴージュースにキウイジュース、カフェオレ、ポットサービスの紅茶などドリンクはおかわり自由。パンも好きなものを好きなだけ。選べる卵料理はフリッタータをチョイス。三段トレーにはフルーツやチーズなど。

日本円で一人約1万円。朝食だけのお値段としては受け入れられないけど、ずっと気になっていたこのホテルに来られたから「ま、いっか」という思いです。

 

※Dh1=33~34円

 

時差ボケもすっかり解消し、今ではなんだか夢の国に行ってきたような気さえする現実離れした景色が広がっていたドバイ。ドバイシリーズまだつづきます。

今年も当ブログを訪問してくださりありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさまよいお年をお迎えください☆

クリスマスとドバイⅡ

娘との海外二人旅は、2009年夏ソウルに行って以来7年ぶりです。

まずは、娘リクエストのマリーナ地区へ。

ラクダにも乗れちゃうマリーナビーチは、どことなくワイキキビーチに似た雰囲気。ビーチ沿いに点々と置かれたクリスマスの飾りの中に、なぜかちょっと汚れ色のサンタを発見。

そして、ビーチから見上げてみたビル群。あっぱれ!

ビル群の足元に軒を連ねる複合商業施設内の人気店「オペレーションファラフェル」。こちらのお店、揚げたてのクラシックファラフェル(4ピース Dh5)がサクサクで絶品。テイクアウェイも可能です。

夕日と夜景も楽しめます。

 

最先端のマリーナ地区とはまったく雰囲気の異なるオールドドバイエリア。金を扱うお店が並ぶゴールドスークと呼ばれる市場には世界一大きな金の指輪があります。

炒りたてのナッツがおいしいと評判の「チョック&ナッツ」。ソルトレモン味のピスタチオをお土産に買いました。

地元の人たちに混ざり、アブラと呼ばれる小型の船(乗船料 Dh1)に乗って手軽に対岸へ渡ることができます。

布製品を売るオールドスークを抜けると、歴史保存地区のバスタキヤ地区。

ラクダ肉料理で有名なローカルハウスの隣にある「アラビアンティーハウスカフェ」。木陰のテラス席が心地よい店内はアバヤを着た女性たちでいっぱい。

「スペシャルライム&ミント」(Dh34)と「モロッカンアイスティーwithミント」(Dh25)。ミントを惜しげもなく使ったジュースはその香りと味わいが最高の癒し♪おすすめカフェです!

 

※Dh1=33~34円