夏にうれしい飲み物「つぶらなカボス」

突然の雨が上がった後、ふと空を見あげたら、大きな虹が架かっていました。「わっ、虹だ~」と思って外に出てみたら、幸せを呼ぶダブルレインボーでした♪

IMG_7815@

 

表参道にあるアントルメグラッセ・生グラス専門店「グラッシェル」の季節のパフェが、それはもうおいしかったのでご紹介しますね。ポルト酒を加えた大人パフェの「メロンパフェ」(1,500円)。

IMG_7777@

メロンとポルト酒、ミント、マスカルポーネが織りなす絶妙なコンビネーションに感激!奥に見えるピンクのパフェは、お友達が注文した「パフェヴェルサイユ」。そちらも、優雅で華やかさがあってステキでした。

「アフタヌーンティー・ティールーム」のカルピスを使ったメニューも、今いちおしです。3種類の味から選んだのは、マンゴーの「カルピスのシャーベットラッシー」(890円)。

IMG_7792@

甘くてとろとろのマンゴーに、レモンが効いた爽やかな味。暑さが吹き飛びます。

「菓匠清閑院」の桃ゼリー「桃清香(桃さやか」(864円)も、夏の間だけの限定品。

P1030892@

桃の果肉が桃のゼリーに包まれた、桃の風味が凝縮された一品。季節が香る、和菓子屋さんならではのゼリーです。気になる方はお早めにどうぞ^^

ほかにも、暑い時期にとくにうれしいスイーツをご紹介します。

「中村藤吉本店」の、抹茶の味が濃くてうれしい「抹茶ゼリィ」。

IMG_4152@

最近では東京・銀座でも買えるようになりましたね。ザ・京都の味という貫禄です。
京都の抹茶スイーツ【森半】

愛媛「田那部青果」のゼリー飲料「旬のちゅうちゅうゼリー」。

IMG_4784@

たくさん種類がありますが、おすすめは「温州みかん」と「ポンカン」。旬の柑橘の美味しさを閉じこめてます。このまま凍らせて持ち歩ける手軽さが◎。

 

JAフーズおおいたの「つぶらなカボス」は、夏に欠かせないわが家の常備品。

P1050450@

甘さはひかえめなので、グビグビ飲めて後味スッキリのジュースです。夏ミカンのつぶつぶが入って、楽しいアクセントに。

これを飲むと、「あ、今年も夏がきたんだな」と思います。

資生堂パーラーのビューティープリンセス、キレイの素は食べ物から

銀座に新しくできた話題の商業施設「GINZA SIX」。賑わうそのすぐ近くにあるラーメン店「むぎとオリーブ」。

IMG_5943@

「蛤SOBA」(980円)のスープは、三重県産の蛤からとった贅沢なだしがベース。塩加減がちょうどよく、透明感の中に深みがあります。ヘルシーな鶏チャーシューなどのトッピングにも一工夫あり。麺の歯切れ具合は、まるでお蕎麦のよう。

IMG_5941@

アトレ恵比寿のオーガニックレストラン「コスメキッチンアダプテーション」。サラダビュッフェだけ(1,980円)で、お腹い~っぱいになります。葉物類もたくさん並んでいたのに、私のお皿は気がつけばお芋だらけ。スープやパンもありましたよ♪

IMG_7315@

渋谷「九月堂」の「らーめん あっさり」(770円)。和風だしのお醤油スープは昔なつかしい味。化学調味料を使わない自然のおいしさです。

IMG_6904@

恵比寿の「WE ARE THE FARM」 。ランチの「セレクトサラダセット」(1,200円)は、お肉料理一品と2種類から選べる野菜のスープ付き。バケツに盛られたたっぷりのケールがまるでメインのようなビュッフェ台。さらに、ポットのお水にカット野菜を入れたデトックスウォーターのサービス。野菜に囲まれたランチがお望みのとき、ぜひ!

IMG_6588@

東京駅「ソラノイロNIPPON」の「ベジソバ」(900円)。麺はパプリカを練り込んだオレンジ色。ベジブロスと人参のスープは、野菜の甘みが溶け込んでポタージュスープみたい。カラフルな野菜のトッピングもあり、この一杯の小さな丼の中にたくさんの野菜が凝縮されてます。

IMG_6470@

以前代々木上原にあった「からんころん食堂」。こちらのセットで約20種類の野菜と穀物が摂れるという、里芋コロッケがメインのランチ。すでに閉店してしまって、本当に残念…。

IMG_4919@

移転前の表参道「PURE CAFE」の、スープ付き「グレインズサラダセット」。ジャンバラヤ味の雑穀サラダは、テンぺがいい仕事をしている主食にもなる一品。人気の「ヴィーガンマフィン」もおいしい、おすすめカフェです♪

IMG_5465@

IMG_5467@

おからを練り込んだ、卵・バター不使用のキング製菓「うの花クッキー」。常備しておくと、小腹が空いたときの強い味方になります。

IMG_5472@

 

そして最強キレイの素がこちら!資生堂「ビューティープリンセス」のマンゴーwithアロエ。

IMG_7674@

マンゴーピューレのゼリードリンクにアロエの果肉入り。結構飲みごたえがあるのに、後味はすっきり。コラーゲンやヒアルロン酸など女性にうれしい成分がちゃんと入って、カロリーはうれしい約100kcal。

他にピーチwithローズ、ブラッドオレンジwithグレープフルーツなど、つい試したくなってしまうラインナップ。コラーゲン量を増やしてスーパーフードを追加したプレミアムシリーズもあって、種類豊富で飽きません。

暑くなるこれからの季節に、冷蔵庫の中で見つけたら絶対にうれしいドリンク♪お友達にプレゼントしても、喜ばれることうけあいです。

クリスマスとドバイⅣ

ここのところ寒い日が続いていますが、みなさんお変わりありませんか…?遅くなりましたが、2017年もよろしくお願いいたします。

IMG_7330@

 

まだ松の内の期間に、銀座大倉ビルにある「銀座吉兆」へ。こちら、ホテル西洋銀座時代からつづけて通っていらっしゃるお客様が多いらしいです。ランチ懐石では一番お手頃価格の「野菜懐石」(10,800円)。

img_7295

img_7297

img_7308

まだお正月ムード漂う器、金箔、紅白のトッピングなど、盛り付けや素材の切り方など目でも楽しめました♪きっと腕のいい板前さんがいらっしゃるんだろうな~と想像。

 

それでは、ドバイ旅行のつづきです。もう少しお付き合いくださいませ^^

6つの国をテーマにしてつくられた「イブンバトゥータモール」。ペルシャエリアにあるスターバックスは、その造りの豪華さと美しさで有名。

dsc05023

チャイナエリアにあるドバイ発のカフェ「シェイクスピアカフェ」。ガーリーな内装の店内は女子受け間違いなし。

dsc05027

ザーターのラップサンド(Dh15)とシーザーサラダ(Dh39)。ザーターとは数種類のハーブやごまなどを混ぜたミックススパイスのこと。ちょっと酸味があってザクザクした食感が薄焼きのパンと合います。

dsc05025

 

所変わって「エミレーツモール」。巨大な屋内スキー場があります。

dsc05204

dsc05203

モロッコ料理レストラン「アルマスバイモモ」。アラビアンティーポット入りのモロッカンティー(Dh32)とモロッカンアイスティー(Dh30)。異国情緒あふれる穴場カフェです。

dsc05207

 

こちらはピラミッドの形をした「ワフィモール」。

dsc05288

dsc05289

吹き抜けのレストラン「カーンムルジャン」。

dsc05299

エジプト料理のコシャリとざくろの搾りたてジュース。こんな濃厚なざくろジュース初めて♪

dsc05294

dsc05295

 

※Dh1=33~34円

日記

クリスマスとドバイⅢ

お隣の首長国アブダビへも足を延ばしてみました。豪華絢爛な「シェイク・ザイード・グランド・モスク」はどの角度から見ても美しく、ため息もの。

dsc05225

dsc05230

豪華すぎるシャンデリアもありました。

dsc05245

防波堤から眺めたアブダビの街。中央にエミレーツパレスホテルが見えてます。

dsc05276

フェラーリのテーマパーク「フェラーリワールド」もあるんですよね~。

dsc05285

カフェ「Maison Maatouk」マリーナモール店の「キャラメルフラッペ」(Dh25)。こちらはたぶん、アブダビにしかないコーヒー専門店。コーヒーの形をした椅子に魅かれて入りました。

dsc05273

 

アラビア湾に浮かぶ人工島パームジュメイラの先端にあるホテル「アトランティス・ザ・パーム」。モノレールに乗って行きました。

dsc05187

dsc05188

dsc05189

併設のウォーターパークには絶叫系で有名なスライダーがありますよ。

dsc05190

ショッピングアーケードにあるシャワルマのお店「シャワフェル」で、「チキンシャワルマ」(Dh35)と「レバニーズファラフェル」(Dh30)。シャワルマはアラブのソウルフード。

dsc05198

 

独特の形で有名なホテル「バージアルアラブ」。ど~んと圧倒的な存在感。宿泊者やレストランの予約者でないと、敷地内に立ち入ることができません。

dsc05062

dsc05060

金の装飾がまばゆいエントランス。

dsc05096

dsc05098

水槽に光り輝く金色のエレベーター。これでもかっ…ときらびやかな世界を見せつけてくれます。

dsc05095

dsc05092

巨大な吹き抜けを見上げる位置にあるラウンジ「サンエダー」の朝食(Dh295)。事前にホテルのホームページから予約をしてから行きました。

dsc05081

マンゴージュースにキウイジュース、カフェオレ、ポットサービスの紅茶などドリンクはおかわり自由。パンも好きなものを好きなだけ。選べる卵料理はフリッタータをチョイス。三段トレーにはフルーツやチーズなど。

dsc05075

dsc05079

dsc05076

日本円で一人約1万円。朝食だけのお値段としては受け入れられないけど、ずっと気になっていたこのホテルに来られたから「ま、いっか」という思いです。

dsc05108

 

※Dh1=33~34円

 

時差ボケもすっかり解消し、今ではなんだか夢の国に行ってきたような気さえする現実離れした景色が広がっていたドバイ。ドバイシリーズまだつづきます。

今年も当ブログを訪問してくださりありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさまよいお年をお迎えください☆

日記

クリスマスとドバイⅡ

娘との海外二人旅は、2009年夏ソウルに行って以来7年ぶりです。

まずは、娘リクエストのマリーナ地区へ。

dsc05031

ラクダにも乗れちゃうマリーナビーチは、どことなくワイキキビーチに似た雰囲気。ビーチ沿いに点々と置かれたクリスマスの飾りの中に、なぜかちょっと汚れ色のサンタを発見。

dsc05037

dsc05035

そして、ビーチから見上げてみたビル群。あっぱれ!

dsc05046

ビル群の足元に軒を連ねる複合商業施設内の人気店「オペレーションファラフェル」。こちらのお店、揚げたてのクラシックファラフェル(4ピース Dh5)がサクサクで絶品。テイクアウェイも可能です。

dsc05041

夕日と夜景も楽しめます。

dsc05044

dsc05049

 

最先端のマリーナ地区とはまったく雰囲気の異なるオールドドバイエリア。金を扱うお店が並ぶゴールドスークと呼ばれる市場には世界一大きな金の指輪があります。

dsc05174

dsc05173

炒りたてのナッツがおいしいと評判の「チョック&ナッツ」。ソルトレモン味のピスタチオをお土産に買いました。

dsc05171

地元の人たちに混ざり、アブラと呼ばれる小型の船(乗船料 Dh1)に乗って手軽に対岸へ渡ることができます。

dsc05001

dsc05004

布製品を売るオールドスークを抜けると、歴史保存地区のバスタキヤ地区。

dsc05016

dsc05014

ラクダ肉料理で有名なローカルハウスの隣にある「アラビアンティーハウスカフェ」。木陰のテラス席が心地よい店内はアバヤを着た女性たちでいっぱい。

dsc05007

dsc05008

「スペシャルライム&ミント」(Dh34)と「モロッカンアイスティーwithミント」(Dh25)。ミントを惜しげもなく使ったジュースはその香りと味わいが最高の癒し♪おすすめカフェです!

dsc05009

 

※Dh1=33~34円

日記