奈良・くるみの木の材料にこだわった「奈良のクッキー」

 

雑誌をパラパラとめくっていると、たまにハッと目を引く雑貨やインテリアの写真に出合うことがありませんか?

そんなことが何回かあって、私の記憶に刻まれた奈良の『くるみの木』。

白金にもお店がオープンしたので「行ってみたい」と思いつつ、数年が経ちます。

そんな折、「くるみの木」の焼き菓子を贈り物にいただきました^^

 

奈良のくるみの木のクッキー

「奈良・くるみの木の材料にこだわった「奈良のクッキー」」の続きを読む…

今治・くろふね菓舗のラム酒たっぷり「ラムリン」

 

私のパソコンのブックマークに長い間登録されていた『くろふね菓舗』の『ラムリン』。どういう経緯で『ラムリン』というお菓子を知ったのか、今となってはもう思い出せないのですが、いつか今治まで行くことがあったら絶対に買おうと思っていたお菓子です。

昭和37年創業のお菓子屋さん「くろふね菓舗」にはホームページはなく、ネットショッピングもなさそうな感じ。たぶん電話でのお取り寄せは可能と思いますが、これは今治まで行くしかないかな…と、ずっと思っていました。

が、、とうとう手に入れることができたんです。憧れのラムリン。

 

P1060493

「今治・くろふね菓舗のラム酒たっぷり「ラムリン」」の続きを読む…

笠間「ふる川製菓」のいちごの「ムース大福」

 

栗やいちごの産地として有名な茨城県笠間市。高速のインターから車で15分ほど走ったところに、昭和32年創業のお菓子屋さん『ふる川製菓』があります。およそ3年ほど前に移転リニューアルしたという建物は、シンプルな外観に控えめな看板。

一度は気づかずに通り過ぎ、Uターンして戻りました。広ーい駐車場スペースがあります。

 

笠間のふる川製菓

「笠間「ふる川製菓」のいちごの「ムース大福」」の続きを読む…

まるたや洋菓子店のクッキー「あげ潮」

銀座の中央通りに面した穴場カフェ「カフェきょうぶんかん」。老舗書店「教文館」の中にあります。ガレットはなんと一皿110円。1個じゃありませんよ~、一皿のお値段です。

img_5949

モミの木型のクッキー「タンネちゃん」のセット(コーヒーor紅茶付 820円)。タンネちゃん単品だと280円。

img_5945

クリスマスムードを盛り上げてくれるお菓子とあったかいお茶に癒される、この時期とくにおすすめのカフェです…!

 

娘からベトナム旅行のお土産もらいました^^カシューナッツの輸出量が世界一のベトナムです。手前のがちょっと高級版らしいカシューナッツクッキー「ロータスクッキー」。奥のノンラーをかぶった女の子のクッキーが、定番人気の「サイゴンガールココナッツクッキー」。

p1050724

息子からは香港旅行のお土産を。じわじわと人気上昇中の「クッキーカルテット」のクッキーに、定番の鮑ラーメン「鮑魚麺」(スープ付き)。

p1050671

p1050657

p1050645

それにリクエストして並んでもらった、地元の方にも大人気「ジェニーベーカリー」の「4MIXバタークッキー」♪サクサク&ほろほろ感と最上級の口どけのよさを称賛しまくりたいクッキーです。お花みたいな形のバターとコーヒー味のクッキーがとくに美味。

p1050637

 

町田市のケーキ屋さん「パティスリー パクタージュ」の「クッキーサンドアイス(パッションフルーツ味)」。バナナ入りのアイスは酸味が和らいで、ほどよい厚みのクッキー生地と相性ばっちり。来年の夏、また違うフレーバーを試したくなるアイスサンドです。

img_6985

東京大丸で行列の絶えない人気店「N.Y.C.SAND」の「N.Y.キャラメルサンド」。はさまれたキャラメルのとろとろ具合がたまらないんですよね。パッケージがオシャレなので手土産にもおすすめ。

img_7043

 

サワークリームが載った「チーズケーキ」が有名な浜松の「まるたや洋菓子店」。そのチーズケーキの台として使われているクッキー生地からつくられたクッキーが、こちらの「あげ潮」。

p1040629

クッキー生地にレーズン、くるみ、オレンジピールを練り込み、コーンフレークをまぶして焼き上げた、ひと口サイズのクッキーです。

カリッとした食感の中に、じゅわっとレーズンとオレンジのフルーティーで濃厚な甘さが広がります。古典的なパッケージからは想像できない、むしろ新しい味わいに感じるクッキーです。

お取り寄せスイーツ