セントル ザ ベーカリー フルーツサンドイッチ

フルーツ×アイスクリームやフルーツ×生クリームの組合わせって、本当に美味しくて…想像するだけでシアワセになれますよね☆

でも家では、そんなにたくさんの種類のフルーツってなかなか用意できないし、カッティングもうまくできません。。。なので、ついフルーツパーラーとかに足が向いてしまうのですよ^^すると、たいていお店は女性のお客さんでいっぱい。

こちらは池袋西武のちょっと奥まった場所にある穴場カフェ「ベリーパーラー」の、看板メニューともいえる「マンゴーローズブーケのパフェ」(マンゴーソース付き 1,800円)。「食べるのがもったいな~い!」と誰もが思ってしまう、麗しいパフェ。家では絶対真似できません。糖度の高いマンゴーとキャラメルアイスクリームとの相性が◎。

IMG_3278@

門前仲町「フルーツカフェ フルータス」の「ミニフルーツパフェ」(840円)。目の前で調理してくれる安心感がある、アットホームなお店。カットしたてのフルーツがとっても瑞々しい♪

20130819 270@

四谷三丁目「フルーツパーラー フクナガ」の「フルーツパフェ」(700円)と「フルーツサンドイッチ1/2+コーヒーor紅茶」(600円)。青果店が営む、老舗らしいレトロ感と風格が漂うパーラー。パフェお目当ての女性客でいつも盛況。

IMG_3027@

 

そしてフルーツサンドに新しい風!…と思ってしまったのがこちら。銀座一丁目『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ ベーカリー)』でいただける『フルーツサンドイッチ』(パンの耳付き 1,575円)。

IMG_3286@

以前ご紹介した人気の国産小麦の角食パンを使用したサンドイッチ。こちらのパンはトーストしないでそのまま食べるのがおすすめと言われています。

たっぷりの季節のフレッシュフルーツと、生クリーム、マスカルポーネ、カスタードクリームをサンド。もう聞いただけで、絶対美味しくないわけがないと思える組み合わせ!フルーツはいちご、キウイ、マンゴー、バナナなど。

個人的にはトーストしたほうが断然美味しいと思っていたけれど、しっとりした食感がサンドイッチにぴったりで、トーストしてもしなくても美味しいものは美味しいと分かった食パンでした^^

テイクアウトもできるので、暖かくなったらこれを持って日比谷公園でランチするのもよさそう♪電話(03-3567-3106)で予約ができます(11:00~16:30 引き取りは17:00まで)。

レストランよねむら よねむらオリジナルクッキー

先週木曜日J-WAVE  I A.M.「7-ELEVEN FAVORITE DISH」に出演しました。ブログでも以前ご紹介した「アメリカンクラブハウス」のスペアリブを紹介しました^^

お取り寄せのスペアリブは、湯煎するだけで手軽にレストランの味が再現できてとても便利♪手で持ってかぶりついちゃったり、スペアリブ丼にアレンジしたりと楽しめますよ~

その後「東京ミッドタウン」の「Union Square Tokyo(ユニオンスクエアトウキョウ)」へ。

具だくさんでカラフルで栄養バランスばっちりな、人気の「USTシェフズサラダ」(スモール 1,600円)。ドレッシングは2種類から選ぶことができ、パンとコーヒーが付きます。IMG_3316@IMG_3319@

さらに「洋菓子舗WEST(ウエスト)」青山ガーデンに移動して、「ホットケーキ」(ハーフ 500円)。シンプルで昔ながらのスタイルで、ほっとなごみます。ふんわりした生地は粉っぽさがなく、上品な仕上がり。

IMG_3296@

IMG_3301@

私はウエストの商品のなかで、アーモンドスライスが入ったクッキー「サブレスト」が一番好き!なので、最近美味しかったクッキーあれこれをご紹介しますね~

 

原宿駅近くに昨年12月オープンの、ニュージーランドからやってきたクッキー専門店「Cookie Time(クッキータイム)」。

IMG_3154@

店内で焼いているホットクッキーの「チョコレートチャンククッキー」(240円)が、思ったより甘すぎることなく絶品でした。まだほんのり温かいクッキーは、生地がしっとりしていて、ごろごろ入ったチョコレートチャンクがとろ~り溶けていい感じ♪買ってすぐ食べるのがおすすめです。

「Cath Kidston(キャス・キッドソン)」のバタークッキー「ショートブレッドフィンガー」。

20130819 200@

材料はいたってシンプルなクッキーですが、 サクサクした食感と塩加減が絶妙。

「FAUCHON(フォション)」の「メイドインFクッキー」。

P1030636@

フランス産の材料にこだわってつくられたクッキー。Fの文字が大きくあしらわれた薄くて固めの食感のクッキーです。

チボリーナ」のクッキー。

20121102 081@

一番小さな詰め合わせ「青い帽子」(368円)には、5種類のクッキーが入っています。バラエティ豊かなクッキーに加えて、少女のイラスト入りの高級感漂う缶がステキ。

三重県伊勢市の「サトナカ」クッキー(630円)。

20120819 107@

「塩・米・酒」をテーマにしたクッキー。印象的なデザインと発想が素晴らしい、シンプルな味わいのクッキー。ほろほろっとたちまちくずれていってしまう、やわらかい味。
遠藤酒造場

京都「レストランよねむら」の独創的なクッキー「よねむらオリジナルクッキー」(3,900円)。

20130110 089@

レストランを営みながら、お店で手づくりでひとつひとつ焼き上げているとはおそれいります。。形・大きさ・風味・食感…どれもがバラエティに富んでいて、飽きることないクッキーです。

個人的には、マカダミアナッツ、ぶぶあられ、黒糖きなこあたりが斬新さもあり好みかな。でも、どれをとっても完成形で出色。特別なタイミングで開封するにふさわしい、プレミアムなクッキーです♪

お取り寄せスイーツ

代々木上原:入iri & GANORI

前回につづきまして、代々木上原エリア。こんなステキな古民家レストランもあるんです。

IMG_3100@

イタリアンレストラン『入 iri(イリ)』。以前ご紹介のパティスリー「ASTERISQUE(アステリスク)」の裏手にあって、この外観に一目ぼれ♪ようやく行ってきました~

休日のパスタランチ(1,800円)の構成は前菜、パスタorリゾット、ドルチェ、ドリンク。

IMG_3090@

IMG_3095@

IMG_3098@

パスタはマスカルポーネをのせたポモドーロ。この組み合わせ、色もきれいだし酸味と甘みの相性も抜群です。丸パンももっちりしてて美味♪ドリンクはカモミールのハーブティーをいただきました。

大きなガラス窓からたっぷりと光が入る店内はゆる~い空気がながれて、週末のランチにうってつけのレストランでした。

お隣は『GANORI(ガノリ)』。小さなお花屋さんだったところに、半年ほど前にグラノーラ専門店が誕生。数種類試食させてもらって、結局一番人気の「オリジナル和風ごぼうミックス」(1,050円)を購入しました。

P1030629@

ごぼう特有の個性的な香りと食感がアクセントになった、今までに経験のない、まさにオリジナリティのあるグラノーラ。大地の香りがプンプンします。

そばの実の和の香りと、黒豆と黒ごまのざくざくした歯ごたえとが相まって、油断すると食べ過ぎちゃうこと必至。甘さがひかえめなところも気に入りました♪

 

いつもは製菓のお教室、週2日火曜と金曜だけカフェになる「LE CAFE DU BONBON(ルカフェデュボンボン)」。好きなお菓子2種類+ドリンクのセット(1,300円)。

IMG_3161@

7~8種類用意されていたお菓子のなかから迷いに迷って選んだのは、定番のビスキュイ・ド・サヴォワと、季節もののガレット・デ・ロワ。チーズケーキやチョコレートケーキも気になりました。そしてオリジナルブレンドの紅茶。写真はテーブル上のみならOKだそうです。

クレームシャンティが添えられたビスキュイ・ド・サヴォワは、きめが細かく口どけのよい生地。焼き色が美しい外側は香ばしさを持ち合わせています。

食器やカトラリー類がシンプルでセンスよく、壁面に整然と並んだ製菓道具が美しく見ごたえあり。感性を刺激される空間でした^^

按田餃子 お持ち帰り餃子

代々木上原はオリジナリティーに富んだ美味しいお店が数多く存在します。…なので、ついつい足が向いてしまうエリアなのです^^

アルゼンチンのチョリパンのお店「ミ チョリパン」。

20130819 188@

平日のランチセット(700円)はミニチョリパン、サルサラダ、ドリンク付き。

20130819 186@

ドリンクはさっぱりしたアイスマテ茶。

チョリパンはさっくりした歯切れのよいパンに、ジューシーな自家製チョリソーとトッピングがはさまれて。パンはハンバーガー用のバンズが人気の、峰屋のものだそう。酸味と辛味と旨味が一体になって、さらに香ばしさとめずらしさも加わって、おすすめのチョリパン♪次回は「絶対ミニじゃなくて普通サイズにしよう!」と思いました~

新宿6丁目のパン屋さん「峰屋」はバンズ(87円)のほかに、酒種あんパン(105円)などもふんわりした生地で美味しいです。

20130601 199@

 

昭和レトロな店構えに、自然にわくわく感がつのる水餃子のお店『按田餃子』。

20130819 193@

胃にしみ入るやさしい味の「一杯麺」(小350円)。

20130819 189@

豚肉・きくらげが入って、シンプルな味付けの「ラゲーライス」(小600円)。

20130819 192@

『お持ち帰り餃子(豚・鶏)』(各800円)。

20130209 167@

水餃子は、沸騰したお湯でゆでれば完成^^

茶色い皮は、殻ごと粉末にしたハトムギを配合しているから。独特の形と歯ごたえが忘れられなくなります。包まれた具には、安心の素材と巧妙に調味料が使われて。そのさりげない技に、知らず知らず引き込まれていくタイプのお店です。

どちらのお店も「ちょっとお腹空いちゃったな…」というときに、ふらりと立ち寄れる気軽さも良いところ♪

パティシエ エス コヤマ 小山ロール

たっぷり生クリームの「堂島ロール」が有名な「モンシェール」の姉妹ブランド、 「ベビー モンシェール」の「キャロライン」(450円)。

20130601 183@

フルーツ入りのロールケーキ「フルーティーローリー」に、なめらか食感のプリンと色あざやかなフルーツをこんもりと飾りつけ。「えっ、この内容にこのお値段でいいの?」と思わせる満足感をもちあわせたケーキです。

 

濃厚チョコレートケーキ「ミ・キュイ」が有名な「清川屋」の白いロールケーキ「ほわいとぱりろーる」(2,100円)。

20111210 311@

ミルキーなクリームがどこかなつかしくて安らぎをおぼえます。まっ白な雪景色を連想させる、冬スイーツにふさわしいケーキです。

 

そして注目は、兵庫の有名パティスリー『パティシエ エス コヤマ』の『小山ロール』(1,260円)♪

20130819 304@20130819 315@

スポンジの焼き色を表面に巻いたロールケーキを手にして、「フィルムをはがすとき、この焼き色部分一緒にはがれちゃうんじゃないかしら…?」と少し不安に。でも心配ご無用、見事にきれいにはがれます!とても力強い外観にまずは感動。

その後カットしてスポンジを口に入れた瞬間、「なんてふんわりしてきめ細やかで口どけのよいスポンジなんだろう~」と再び感動。いたってシンプルな材料でこんなステキな生地を焼くことができるのは愛情と力量ゆえですね。

「こんなケーキ屋さん、近くにあったらいいな」と、きっとこのケーキを口にした人だれもが思ってしまいそう。それくらい印象に残るロールケーキです。

 

同じ兵庫県にあるステーキハウス「三田屋」の「生野菜ドレッシング」(609円)。

20120105 074@

人参、玉ねぎ、セロリなどのお野菜がたっぷり入った栄養満点のドレッシングです。サラダに少々かけすぎちゃっても罪悪感がありません^^シャキッと冷たい野菜の瑞々しさをよりいっそうひきたててくれますよ。

お取り寄せスイーツ