フルーツ王国山梨のおいしいフルーツとフジッコワイナリー

 

今年は暑い日が続いて、夏に旬を迎えるフルーツが甘かったですね~。

9月初旬、JA南アルプス市からお取り寄せした大房のぶどう、シャインマスカット。

 

IMG_9414

 

パリンと弾ける薄~い皮の中に、プリっとした果肉。

爽やかな果汁にあふれていました。

 

一宮町のオーガニックカフェを経営する「大北農園」の桃もすごかった☆

 

IMG_9234

 

こちらは7月中の猛暑続きのころ、山梨へ旅行に行ったときにお持ち帰りしました。

うれしいことに、はねだしの桃なので格安で。

「紅博桃」というちょっと難しくて、初めて聞く名前の品種にワクワク。

皮をむくと桃の香りが濃くて、しっかりとした果肉ながらやわらかい食感に驚き。

食べると、したたり落ちる果汁に甘さがみっちり詰まっていました♪

 

9月中旬に訪問した「マルサフルーツ古屋農園」のシャインマスカット。

 

P1060678

 

外から触るとしっかりとした粒で固いのに、果肉はやわらかくてその対比にびっくり。

甘くてたっぷりの果汁が粒ごとに凝縮されていました。

 

同じくマルサフルーツ古屋農園で購入した「桃のコンポート」。

 

P1060674

 

桃をシロップで漬けただけの、保存料や添加物の入っていないもの。

大きな半分カットの桃は、種をくりぬいた所に、バニラアイスや生クリームを載せてミントを飾ると、とても見栄えの良いデザートになりました。

 

山梨に行ったら絶対に寄りたかった、勝沼の「フジッコワイナリー」。

一番人気のワインは、糖度も酸味もあるデラウェア種のぶどうからつくられた「クラノオト デラウェア」。

 

IMG_9224

 

ろ過していないので、立てておくと底のほうに沈殿物がたまります。

よく振ると白濁する、濁りタイプのワイン。

大事に家に持ち帰り、冷蔵庫でよーく冷やしてから飲みました。

ほんのりした甘さの中にぶどうの芳しい香りが広がって、一番人気の納得の美味しさ♪

 

ただ一つ残念だったのが、家から一番近いスーパーで、このフジッコワイナリーの「クラノオト デラウェア」を発見したこと。

「あ~、売ってない種類のワインにするんだった~~」