クリスマスとドバイⅢ

お隣の首長国アブダビへも足を延ばしてみました。豪華絢爛な「シェイク・ザイード・グランド・モスク」はどの角度から見ても美しく、ため息もの。

dsc05225

dsc05230

豪華すぎるシャンデリアもありました。

dsc05245

防波堤から眺めたアブダビの街。中央にエミレーツパレスホテルが見えてます。

dsc05276

フェラーリのテーマパーク「フェラーリワールド」もあるんですよね~。

dsc05285

カフェ「Maison Maatouk」マリーナモール店の「キャラメルフラッペ」(Dh25)。こちらはたぶん、アブダビにしかないコーヒー専門店。コーヒーの形をした椅子に魅かれて入りました。

dsc05273

 

アラビア湾に浮かぶ人工島パームジュメイラの先端にあるホテル「アトランティス・ザ・パーム」。モノレールに乗って行きました。

dsc05187

dsc05188

dsc05189

併設のウォーターパークには絶叫系で有名なスライダーがありますよ。

dsc05190

ショッピングアーケードにあるシャワルマのお店「シャワフェル」で、「チキンシャワルマ」(Dh35)と「レバニーズファラフェル」(Dh30)。シャワルマはアラブのソウルフード。

dsc05198

 

独特の形で有名なホテル「バージアルアラブ」。ど~んと圧倒的な存在感。宿泊者やレストランの予約者でないと、敷地内に立ち入ることができません。

dsc05062

dsc05060

金の装飾がまばゆいエントランス。

dsc05096

dsc05098

水槽に光り輝く金色のエレベーター。これでもかっ…ときらびやかな世界を見せつけてくれます。

dsc05095

dsc05092

巨大な吹き抜けを見上げる位置にあるラウンジ「サンエダー」の朝食(Dh295)。事前にホテルのホームページから予約をしてから行きました。

dsc05081

マンゴージュースにキウイジュース、カフェオレ、ポットサービスの紅茶などドリンクはおかわり自由。パンも好きなものを好きなだけ。選べる卵料理はフリッタータをチョイス。三段トレーにはフルーツやチーズなど。

dsc05075

dsc05079

dsc05076

日本円で一人約1万円。朝食だけのお値段としては受け入れられないけど、ずっと気になっていたこのホテルに来られたから「ま、いっか」という思いです。

dsc05108

 

※Dh1=33~34円

 

時差ボケもすっかり解消し、今ではなんだか夢の国に行ってきたような気さえする現実離れした景色が広がっていたドバイ。ドバイシリーズまだつづきます。

今年も当ブログを訪問してくださりありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさまよいお年をお迎えください☆

日記

六雁の白いマカロン♪お供にはコーヒー、それとも紅茶?

今年の桜の季節、終わっちゃいましたね…。今年は神田川沿いの桜を見に行ってきましたよ。

寒天工房「讃岐屋」新宿本店は、神田川沿いの工場に併設された甘味処。桜をのぞめる外のベンチが特等席です。

IMG_6001@

定番の「こしあんみつ」(400円)と季節限定の「さくらあんみつ」。つくりたての寒天のぷりっとした食感が持ち味です。

IMG_5999@

 

銀座に新しい商業施設「東急プラザ銀座」がオープンしましたね。なかでも話題のレストランがギリシャ料理「THE APOLLO(アポロ)」。お得な「ウィークデイランチ」(1,900円)は前菜2品、メインディッシュ1品、サイドディッシュ1品にコーヒー付き。

IMG_6080@

メインは+500円で看板メニューの「ラムショルダー ザジキソースとレモン」に変更可能です。

IMG_6082@

コーヒーはホットかアイスが選べますが、コーヒーのみで紅茶などには変更できないとのことでした。

IMG_6085@

東急プラザ銀座の屋上は、まるでどこかのホテルみたいにゆったりとしたステキな空間。一見の価値ありです。

IMG_6087@

 

高い吹き抜けのある6F「数寄屋橋茶房」では、日本料理『六雁』の『白いマカロン』を販売していました。六雁は野菜のコース料理があるので「いつか行ってみたいな~」と思いつつなかなか行けなくて、以前マカロンだけを予約して購入したことがあるんです。

20120526 047@

まっ白なマカロン生地の間には白味噌が挟まれていたりして、予期していなかった組合せと美しい外観に惚れ惚れするお菓子。生地の口どけも抜群です!

20120526 079@

 

白いマカロンはコーヒーとの相性がバッチリです!そこで、おすすめのコーヒーショップのドリンクをいくつかご紹介しますね。

いまだ人気の衰えない「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」の「カプチーノ」(右 500円)。

IMG_5973@

参宮橋にあったころの「PADDLERS COFFEE(パドラーズコーヒー)」の「コーヒー」。

IMG_3054@

築地「Turret COFFEE(ターレットコーヒー)」の「ターレットラテ」(560円)。

IMG_4960@

 

紅茶派の方にはこちらのお店のこのドリンクなんかいかがでしょうか。

新宿にオープンしたばかりの「VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴコーヒーロースターズ)」。カモミールティーと豆乳が見事に調和した「ボウルオブソウル」(650円)。

IMG_6111@

STREAMER COFFEE COMPANY(ストリーマーコーヒーカンパニー)」の「アイスチャイティーラテ」。

IMG_5927@

この青缶クッキーは紅茶によく合いますよ~。デンマークからきた雑貨屋さん「フライングタイガー」のもの。すごくたくさんはいっていて、500円というお値打ち価格です。

IMG_5902@
お取り寄せスイーツ

ひなた焼菓子店のやさしい気持ちになれるタルト<2>

神奈川県相模原市にある焼き菓子屋さん「ひなた焼菓子店」ですが、同じ相模原市内に、ほかにもこんなにたくさんのおすすめのお店があります。相模原市って本当に、広い!

古民家を利用した家庭料理のお店「よも食堂」。

IMG_4879@

「豆メンチカツ定食」(1,180円)は、北海道産と山梨県産の豆数種類のみでつくられた、メンチカツ風豆のコロッケがメイン。ほかに豆と根菜のシチュー、ネギとしろ菜の酢味噌和え、昆布と切干大根の漬物、白菜の塩麹漬、プチおしるこがセットに。

IMG_4877@

こだわりの調味料、産地を明確にした食材を使用して、丁寧に調理された印象のお料理に心がなごみます。

IMG_4875@
自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

十割そば専門店「蕎澤(きょうたく)」。

IMG_4890@

おすすめ膳「豆ふづくし」(950円)のおそばを細打ちから中太田舎に変更(+100円)。自家製おぼろ豆ふ、おからサラダ、白和え、卯の花春巻きが付いてます。歯応えのある田舎そばは、そば粉の香りと美味しさを堪能できます。

IMG_4888@

今は相模原市ですが、旧津久井郡藤野町にあるカフェレストラン「Shu(シュウ)」。そんなに遠くまで来ていないのに、遠くまで来ちゃったみたいな感じがするロケーション♪

IMG_4253@

「野菜たっぷりチキンカレー」(1,100円)は、+300円で取り放題の菜園サラダとドリンクが付きます。

IMG_4248@

お隣のテーブルの方のメニューに付いていた、ピンク色の丸パンがすごく気になって、同じパンを追加オーダー。紫芋のパウダーを混ぜて焼いているのでしょうか…?ほんのり付いた焦げ目がとっても美味しそうでしょ^^

IMG_4251@

津久井と橋本にある洒落たコーヒーショップ「ZEBRA Coffee & Croissant(ゼブラ コーヒー&クロワッサン)」 。産地などにこだわったコーヒー豆と、大きなクロワッサンをはじめとしたデニッシュ生地の大きなパンが売りのお店。店内空間がとても広いのもポイントです。

「アイスラテ」(400円)と、デニッシュ生地のカルツォーネ「ゼブラカルゾネ」(530円)、コーヒークリーム入りデニッシュ「エスプレッソクリーム」(320円)。

IMG_4255@

 

そして、こちらがとっても美味しい焼き菓子を販売している『ひなた焼菓子店』。お店の名前を眺めてるだけで、なんだかほっこりとやさしい気持ちになれますね。以前は町田市でお菓子の販売のみだったのですが、移転してからカフェも併設されています。

IMG_4880@

洋梨、アプリコット、レモンのタルトやスコーンなど。これだけ買って、2,000円くらい。休日のお昼ごろ伺ったのですが、早々にいちごのタルトは売り切れていました。

IMG_4897@

生地のほろほろほろとくずれる口ざわりが心地よ過ぎて、忘れられなくなるタルト。食感がいい意味で、儚いのです。

一休のレストラン人気ランキング

ひなた焼菓子店のやさしい気持ちになれるタルト<1>

東京はさくらが満開♪いよいよ春本番ですね。

DSC03363@

 

神奈川県相模原市にある、人気の焼き菓子屋さん『ひなた焼菓子店』。以前は東京の町田市にありました。そこでまずは、町田のお店をいくつかご紹介します^^

町田・つくし野のカフェ「sens et sens(サンス・エ・サンス)」。

20130308 057@

リュスティックにパルマ産生ハムとグリュイエールチーズをはさんだサンドウィッチのプレート(1,100円)。さつまいものポタージュ、根菜とひよこ豆のトマト煮、グリーンサラダ付き。シンプルでいて、パンの美味しさを最大限に引き出す組合わせ。噛むほどに味わい深いです。

20130308 052@

こだわりのコーヒー(500円)もこの空間でいただくとさらに美味しい。

20130308 055@

お持ち帰りしたドライフルーツ入りの「フリュイ」(300円)。密に詰まった生地に、粉のうまみが存分に感じられます。

20130308 059@

 

町田・本町田に去年オープンしたパン屋さん「ネコタベーカリー」。「いちじくとクリームチーズ」(200円)、「胡桃メロン」(150円)、「おさつフランス(130円)、「大納言フランス」(180円)、「カシスタルト」(180円)、「ゴマ胡桃」(150円)。

IMG_4901@

胡桃、チーズ、ホワイトソースを使ったパンがたくさんそろっています。そして、どのパンにもトッピングやフィリングがたっぷりで、「このボリュームでこのお値段でいいのかしら…?」と余計な心配をしてみたり。味の組み合せを心得た、センスのあるパン屋さんです。

 

町田・玉川学園のケーキ屋さん「patisserie PARTAGE(パティスリーパクタージュ)」。 赤いフルーツのタルトやマドレーヌなど。

0404 031@

まだ若いパティシエールの方が切り盛りする、この先楽しみなパティスリーです。

一休のレストラン人気ランキング