瀬戸内麺工房なか川の半生麺は、麺にツヤとコシがある

瀬戸内麺工房なか川の半生麺

広島県大竹市にある、明治23年創業の老舗麺工房「なか川」。

風光明媚な瀬戸内海に面した麺工房で製造された、こだわりの半生麺を使った商品を販売しています。

熟成させた麺を半生状態に乾燥させた「なか川」自慢の半生麺は、噛むほどに味わい深い麺。

スープの種類や食べ方によって、それぞれにベストな太さの半生麺がセットになっています。

バラエティに富んだラインナップで、選ぶ楽しみもありました♪

スープによく合う太さの半生麺が秀逸(1)

一番気になって最初に調理した「ぶち旨汁なし担々麺」には、太めの半生麺がセットになっています。

付属のたれにソイミートを追加して、鷹の爪、ゆで卵、きゅうりの千切り、玉ねぎスライスを盛りつけ。

濃厚なミートソースには太めのスパゲティが合うのと似て、とろみのあるたれが麺によく絡んで食べ応えがありました。

5分間茹でた半生麺を湯切りして盛り付けましたが、食べ終わるまで麺にコシを感じました。

スープによく合う太さの半生麺が秀逸(2)

「瀬戸内れもん塩ラーメン」には、細い半生麺がセットに。

ツルツルと喉ごしのよい細麺と、レモンの酸味がきいたさっぱりスープの相性が抜群でした。

作り方はとても簡単で、 半生麺をゆでたお鍋にスープを直接入れて仕上げることができます。

お鍋一つしかも茹で時間2分というお手軽さがうれしいですね。

「ちょっとピリ辛胡麻だれつけめん」には、中細の半生麺が入っています。

冷水でしめた後の中細麺はツヤがあって喉ごしがよく、ねり胡麻たっぷりの胡麻だれに負けないくらいの存在感がありました。

瀬戸内麺工房なか川の半生麺はお取り寄せ可能?

どの味も魅力的で、選ぶのに迷ってしまう瀬戸内麺工房なか川の半生麺は、お取り寄せが可能です。

《 瀬戸内麺工房なか川の半生麺 》

瀬戸内麺工房なか川の半生麺はこちらで購入できます

2021年2月16日 瀬戸内麺工房なか川の半生麺は、麺にツヤとコシがある はコメントを受け付けていません 美食グルメ・その他